布袋寅泰、Ms.OOJAと初共演 サプライズで布袋プロデュース楽曲「鐘が鳴る」披露

【モデルプレス=2021/10/23】メジャーデビュー10周年を迎え、2022年3月に初の日本武道館単独公演開催を発表したシンガーソングライター・Ms.OOJAが20日、神奈川県民ホールで行われたギタリストの布袋寅泰のライブにサプライズ出演。自身の7ヶ月連続配信シングルの最後を飾った、布袋がフルプロデュースした楽曲「鐘が鳴る」を初めて布袋とともにパフォーマンスした。

◆Ms.OOJA、布袋寅泰と「鐘が鳴る」初披露

同曲は、以前から互いのツアーのギタリストを務める黒田晃年を通じてMs.OOJAが布袋のライブに足を運んだことがきっかけで親交が深まり、Ms.OOJAからの熱烈なオファーで制作が実現したもの。

布袋もMs.OOJAの10周年にぜひ花を添えたいという気持ちで作詞・作曲からギター、キーボード、プログラミングやコーラス、さらにはヴォーカル以外のエンジニアリングに至るまで
布袋ひとりで手掛けて完成した。

楽曲の完成時、思わず涙を流すMs.OOJAが「初めて自分の歌で泣きました」と感激し、「今回は彼女の10周年のお祝いに、花束の代わりにこの楽曲を作りました。彼女の歌には飛距離がある、たくさんの方に届く素晴らしい楽曲ができたと思う」と布袋氏は語っていた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/23 18:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます