秋田商が第100回高校サッカー選手権へ出場一番乗り! 明桜下し2年ぶり46回目

拡大画像を見る

 第100回全国高校サッカー選手権秋田県予選決勝が行われ、秋田商業高校が2年ぶり46回目の全国大会出場を決めた。

 全国で最初の代表校が決まる秋田県予選の決勝は、秋田商と明桜高校という顔合わせとなった。秋田商は前半にオウンゴールで先制を許すも、後半にFW畑村のゴールで追いついて試合は延長戦へ。そしてその延長戦でも決着がつかずPK戦へ突入すると、9人目まで両チーム全員が成功し迎えた10人目。先攻の秋田商が成功させるも、後攻の明桜はGKに阻まれ、勝負が決した。

 秋田商は1-1(PK:10-9)で勝利し、全国大会の出場へ一番乗りを果たしている。

関連リンク

  • 10/23 17:40
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます