カルディで見つけた糖質20g以下のリゾットを実食、おいしくて痩せる糖質オフ飯のお味は?

拡大画像を見る

 近年大流行中のダイエット食。特にここ最近は「糖質制限」をうたった商品をよく目にするようになった。そんなトレンドを反映した気になる商品をカルディで発見した。それが「粒こんにゃくのすっきりリゾット」。糖質が20g以下、食物繊維がレタスの約2倍とのことで、見るからに体によさそう……しかし粒こんにゃくとリゾットとは相性いかがなものか。2種類の味を購入して実食してみた。

●濃厚なえびとトマトの味をしっかりと感じる一皿


 「濃厚えび味」は瀬戸内の小えびのほか、粒こんにゃくやうるち米、トマトペースト、玉ねぎ、しめじなど豊富な材料が入っている。エネルギーは131kcal、糖質19.1gとかなりヘルシー。ちなみに一般的なリゾットの糖質は味や分量によって異なるが1人前40~60gくらい。ご飯が含まれる分高くなっているようだ。比較して見るとかなり糖質がカットされていることがわかる。
 調理方法は2種類。湯煎の場合は沸騰したお湯に入れて3分あたためる。電子レンジの場合は器に移し替えてラップをかけて1分(600Wの場合)あたためれば完成。開封してすぐ、あたためる前からえびのいい香りが広がった。完成後はさらにその香りは強くなり、食欲が増すばかりだ。
 国産のえびを使っているだけあって、えびとトマトの味がかなり濃厚に感じられ、低糖質とは思えない味わい。濃い味好きな方も納得の一皿だろう。玉ねぎ、しめじも細かく刻んではあるが存在感があり、味のアクセントになっている。味付けは本格的でとてもおいしい。
 ただし一点だけ気になったのが、やはり粒こんにゃく。細かい粒だが時折ふにゃりとしたこんにゃくの食感がしてお米のリゾットとの差を感じてしまった。こんにゃくの臭みなどは全くないため味としてはとても満足。そのため主食としてではなくおかずとして食べたいと思ってしまった。そうするとダイエットとしての目的は叶えられないのだが…。

●ひき肉の存在感抜群のカレー味は低糖質を感じない満足度


 続いては「カレー味」。「濃厚えび味」がかなり本格的な味付けだったので、かなり期待大。1袋あたりエネルギーは137kcal、糖質12gと「濃厚えび味」と比べて糖質は若干低め。鶏肉、玉ねぎ、人参、カレールウ、トマトペーストなどが材料となっている。
 出来上がったリゾットは見た目はそこまで華やかではないが、カレーのスパイシーな香りに食欲がそそられる。人参やひき肉も一目でわかるほどたくさん入っており、見た目はカレーリゾットそのものだ。
 お味のほうはというと、ひき肉の存在感に驚いた。しっかりと肉の旨味が感じられるのだ。肉の食感が豊かだからか、「濃厚えび味」で気になった粒こんにゃくの味もまったくと言っていいほど気にならない。さらにこまかく刻まれた野菜の甘みがプラス。カレーのスパイスと合わさって最後までおいしくいただくことができた。
 スパイスは効いているが、辛さは控えめ。一般的な女性にはちょうどいいくらいの分量だが、もう一品あってもよさそうなのでサラダと一緒にいただくとさらに満足感が得られるだろう。男性は少し量が足りないと思ってしまうかもしれない。
 「濃厚えび味」、「カレー味」ともに味付けは本格的で満足だった。個人的に食感の点で「カレー味」のほうがもう一度食べたくなる一皿。健康が気になる方にはぜひおすすめの商品だ。(エフェクト・霜越緑)
※記事中の価格は購入時もの

関連リンク

  • 10/23 17:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます