母とは絶縁する?許す?…決断力がない自分が見つけた気持ちの折り合いのつけ方【親に整形させられた私が、母になる Vol.74】

親に整形させられた私が、母になる
■前回までのあらすじ
「子育てには正解がある」と白黒の世界しか教えてくれなかった母。しかし子どもの個性を考えたグレーのゾーンがあることを知ったハム子は…。
■母との関係は白黒つけるべきなのか…?

親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる


親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる


親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる


親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる

「ベストなグレー」とは、自分にとって気持ちの折り合いがつくところだと思います。

私は今まで、自分の気持ちの折り合いの付け方を学んできませんでした。
なぜなら自分の気持ちは、「封印する」か「ゴリ押しする」かのどちらかしかなく、母と一緒に過ごすときはほとんど「封印する」しかなかったから。

でも、気持ちに折り合いをつけられるようになったら、生きるのがとても楽になりました。

気持ちに折り合いをつけられるようになると、自分の心を安定させられるようになり、自分で自分の心をコントロールできるようになると、だんだんと自分に自信がついていきました。

すると、今まで「自分には正解は出せない」と思い込んでいたことが、「そんなことはない。自分にとっての正解は自分で出せる」というように変化していったのです。

そしてこれまでの「世間一般の意見と自分の意見が違う時は、世間一般の意見を正解とする(自分は間違った人間だ)」という考え方から、「人に迷惑がかからない限りは自分を尊重して良い」という考え方に変わっていく自分を実感しました。


※この物語は私の経験を基に、一部編集しています。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/23 16:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます