女性の涙に男性は弱い?【涙は女の武器】だけど使いすぎると逆効果って本当?

拡大画像を見る



女性の涙に男性は弱いと言いますが、涙ばかり見せていては逆効果なんです。今回は気になる女性の涙についてご紹介します。男性の前で涙を見せている方は注意が必要です。


泣きすぎると疲れる

泣いているというだけで、男性は扱いに困るものです。頻繁でなければ、本当に可愛そうな事をしたと罪悪感が出てくるようなのですが、そうではなく毎回毎回であれば困ることばかりです。
泣いてばかりの彼女を慰めるだけで疲れるというのが男性の本音のようです。泣いているから謝るしかないとその場しのぎでしかならず、結果喧嘩が原因の涙であれば繰り返し喧嘩することになりかねないです。涙だけでは何も解決にならないのです。


またかと思う

毎回毎回このパターンであれば、男性も呆れてまたかと思うようです。泣いたらなんとかなると思っているのではないか、あるいは嘘泣きなのではないか?といった現状になりかねないです。
もちろん嘘泣きではなく、彼女が感情豊かな方や涙もろい方であればすぐ涙がこぼれてしまう方もいるかも知れませんが、結果として良い結果は待っていないようです。


子供のようにしか見えない

泣くイコール子供といったイメージが男性にはあるようで、比率でいえば人前で涙を流しやすいのは女性です。しかし、泣いてばかりいたら子供のようにしか見えないと異性として見る事を避けられがちになります。
泣いてばかりいては、全く何も改善することなく結果としてもうどうすることもできないと、彼が側から離れてしまう形になりかねないのです。


まともに会話ができない

泣いていると困るのが会話です。喧嘩から彼女が泣き出した場合ですが、まともに会話にならず先に進む事ができないからです。彼としては冷静になって話がしたいと考えるのですが、結果としてなにの解決にもならないからです。
いつまで泣いているんだろう、男性にとってとても苛立ちにしかならず、女性は女性で気持ちを理解してほしい一心なのですが男性に伝わるのは難しいです。


まとめ

女の涙は武器という言葉がありますが、この武器も何度も何度も頻繁に活用していては効果が薄れてしまい、逆効果になりかねないです。なみだは絶対に彼にはみせないでおこうといった気持ちを持つ事が大事なのです。
結果として泣いたところで本来の解決策にはなにも繋がらず、良い事はないといえます。泣く前にまずは話をして解決することからはじめるべきです。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/23 15:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます