「僕のおもちゃを見て」4歳男児の緊急通報に警察官が愛溢れる対応(ニュージーランド)

拡大画像を見る

ニュージーランド警察(New Zealand Police)はFacebookアカウントに普段から交通事故や空き巣被害などについて投稿し、人々に注意喚起している。

しかし今回話題になっている投稿は、いつもとは異なっていた。ニュージーランドの緊急連絡番号である“111”に4歳男児から通報があったと報告する投稿には「可愛すぎてシェアせずにはいられなかった」と書かれており、添付された動画には男児とオペレーターのやり取りが記録されている。

オペレーター:こちら警察です。どこで緊急事態が起きていますか?
男児:やあ…
オペレーター:もしもし?
男児:警察のお姉さん?
オペレーター:そうよ。どうしたの?
男児:うーんと…ちょっと話したいことがあるんだけどいいかな?
オペレーター:話してごらん?
男児:お姉さんに見せたいおもちゃがいくつかあるんだ
オペレーター:私に見せたいおもちゃがあるの?
男児:そう、見に来てよ!

男児はたどたどしい口調で話しており、オペレーターは途中から子どもの間違い電話だとなんとなく気付いたようで、徐々に小さい子に接するような穏やかな口調に変化している。

そしてオペレーターが「君はどこにいるの?」と尋ねたが男児は答えず、電話口の向こうではガサガサと袋が動くような音が聞こえ、しばらくすると「もしもし?」と父親らしき男性の声が聞こえた。オペレーターは「111コールを受けたのですが、恐らく子どもが間違えてかけてしまったのだと思います」と説明すると、父親は「そうなんです。母親の体調が悪かったので、何か手伝おうとしていたようです」と明かした。

オペレーターは「緊急事態ではないことを確認させてください」と聞くと、男性は「全く問題ありません。私が他の子どもに気をかけている間に、こっそり抜け出してしまったんです」と状況を説明する。

オペレーターは「大丈夫ですよ。男の子はただおもちゃの話をしていました。良い一日を」と返事をして、通話が終わっている。

その後、オペレーターは近隣をパトロールする警察官たちへ出動要請の連絡にて「4歳の男の子が警察官におもちゃを見せたいという111コールでした」と一連の流れを説明した。すると南部地区警察のカート巡査(Kurt)が「分かった。私が行こう」と返答したのだ。

そして男児の家に向かい、たくさんのおもちゃを見せてもらったというカート巡査は「確かにクールなおもちゃを持っていたよ」とのちに明かした。おもちゃのお披露目が終わると、カート巡査は男児にパトカーの内部を見せてあげたり、青いランプを光らせてみたりと寛大な対応で喜ばせたそうだ。

最後に警察帽を被らせてもらった男児は、満面の笑みでカート巡査とパトカーの前で記念撮影をした。

カート巡査はこうした対応で男児を喜ばせるだけでなく、111コールは緊急時の電話番号であることをしっかりと伝え、「幼少期の頃から警察と良好な関係を築くことは、警察に対する信頼や信用を高めることができます。ニュージーランド警察はそのための努力をしています」とコメントした。

なお過去にも子どもによる緊急通報は話題になっており、10歳少年が算数の宿題が分からず緊急コールをしたり、「ズボンがはけない」と2歳女児から緊急コールがあったというケースも発生していた。

画像は『New Zealand Police 2021年10月15日付Facebook「While we don’t encourage children to call 111 to show us their toys, this was too cute not to share」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 10/23 14:36
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます