2戦連続ドローからの白星…アルテタ監督「適切な解決策を見つけて示す必要があった」

拡大画像を見る

 アーセナルのミケル・アルテタ監督が、リーグ戦について言及した。23日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 22日にプレミアリーグ第9節でアストン・ヴィラと対戦したアーセナルは、ホームで3-1の勝利を収めた。試合後の取材に応じたアルテタ監督は、同試合にフル出場し3点目のゴールも記録したMFスミス・ロウについて「このビッグクラブで重要な選手になるには、全てのディテールが関連するが、彼にはそれを満たす能力がある。ただ、まだまだ成長する必要はあるけどね」とコメント。今後への期待を示した。

 そして3試合ぶりの白星を手にしたチーム全体については、18日に勝利を逃したクリスタル・パレス戦(2-2)後の様子にも触れつつ「私が最も気に入っているのは、月曜日の夜のドレッシングルームでの彼らの姿だ。自分たちが十分でなかったことを受け入れていた。我々はリーグで最も若いチームだがそれは言い訳にはならず、適切な解決策を見つけてプレーで示す必要があった。彼らはそれを体現してくれたね」と評価を口にしている。

関連リンク

  • 10/23 13:38
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます