HiHi Jets作間龍斗、役作りで猫背がクセに「首とか痛めるくらい」

拡大画像を見る

HiHi Jets/ジャニーズJr.の作間龍斗が23日、都内で行われた映画『ひらいて』の公開記念舞台あいさつに山田杏奈、芋生悠、メガホンをとった首藤凜監督とともに出席した。

綿矢りさの同名小説が原作。成績もよくクラスで目立つタイプの愛(山田)は、同じクラスのたとえ(作間)に片思いしているが、たとえには“秘密の恋人・美雪”がいることを知り、言いようのない悔しさと心が張り裂ける思いを抱えた愛は“好きな人の好きな人”をロックオンするという大胆不敵な行動に出る……というストーリー。


映画初出演となった作間は、この日真っ青なスーツ姿で登場。「この前完成披露イベントがありましたが、上映後の舞台あいさつは初めて。貴重な体験でしみじみしている。関係したすべての人に感謝を伝えたい」と感無量。「役作りとか演技とか関わってこなかったので、今回が初めて。僕自身、第一印象はたとえくんみたいにクールで寡黙だと思ったけど、しゃべってみるとぶっ飛んでいるねと言われることが多い。中身の作間を封印して、佇まいの作間だけで挑んでいた。撮影では感じるままにやってみたことが多かったですね」と初めての現場を振り返った。



作間は首藤監督から「立ち姿も地味な男子高校生に寄せたいから猫背を意識して」とリクエストされ、私生活でも猫背を心がけた。その結果、「見事に猫背になった。完璧な猫背で、首とか痛めるくらい猫背になっちゃって…」と猫背がクセになってしまったことを明かした。


劇中では愛と美雪の正反対の女性に愛される役だが、「すごいところにたとえくんは立っている。愛は恐ろしい存在だし、美雪は優しく包み込んでくれる。そんな状況はうらやましいけど、ちょっと大変そう(笑)。2人と接するとき、たとえは違う人になっているんだろうな」と苦笑い。


たとえは愛に対して辛辣な言葉をかけるが、演じる作間自身も「なかなか苦しかった。たとえは普段しゃべらないけど、伝えなきゃいけない時に結構えぐい言葉を連ねる。『貧しい笑顔だな』とか。あそこは作間自身苦しみながらやりました。言っている僕も泣きそうになった」と告白。あまりにも心苦しいシーンなため、作間は首藤監督に「ちょっとだけ変えていいですか」と提案し、監督曰く「原作や脚本を読む限り引き離すイメージだったけど、作間くんがやってくれてちょっと優しい部分が見られた」シーンになったという。


主演の山田は「愛はずっとたとえのことを思っていて、美雪の存在を知ってから、たとえへの感情が美雪に向かっていく。乱反射のように散らばっていくんです。愛はなかなか理解できない部分あった」と苦労を吐露すると、身近なところで山田を見守っていた作間は「見ている限り、本当に大変そうだった」と労っていた。


関連リンク

  • 10/23 13:04
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます