私は本命ではない?カン違いさせる男の神対応

拡大画像を見る


紳士的な対応をされて、「私のことが好きなのかな」と思わず勘違いをするのも仕方のない話。しかし、男性は本命ではない相手に対しても神対応ができるのです。そこで今回は本命ではない相手にもできる、男の神対応についてご紹介します。


相談事に対して前向きな言葉をかけてくれる

例えば男性に悩みを相談したとしましょう。そのときに「大丈夫だよ」「そのうち時間が解決してくれるよ」など前向きな言葉を言われれば、紳士的だなと思いますよね。しかし、その言葉の裏には「面倒なことには関わりたくない」「早く終わらせたい」という思いが隠れている場合が…。本命以外の相談事は面倒だと思っているので、前向きな言葉をかけて早く終わらせようとしているのです。本当に親身になって話を聞いてくれているか、しっかり見極めましょう。


急な呼び出し

男性から「今から会えない?」と言われれば、「私に会いたいと思ってくれているんだ」と舞い上がりますよね。しかし、急な呼び出しは遊び相手として認識されている可能性が高いです。本当に好きな女性に対しては相手にとって迷惑になると考えているので、急に呼び出すことはしません。彼からの呼び出しが嬉しくていつでも応えていると、都合のいい女にされるかも…。


たくさん褒める

「いい子だね」「その服いい子」と褒められれば、思わず舞い上がるもの。しかし、褒め言葉にもさまざまな種類があります。誰にでも言えるような褒め言葉を言っている男性には注意が必要です。他の女の子にも同じような褒め言葉を言っているかもしれません。褒め言葉の種類をしっかり見極めて、相手の本心を探ることが大切。


夜の時間帯に会いたがる

夜の時間帯に会いたがるのは、体目的の可能性が高いです。逆に本命相手とは昼間にデートすることが多い傾向にあります。それは、本命相手に自分の下心を悟られたくないから。時間が遅くなれば遅くなるほど自宅やホテルに誘いやすくなるので、夜ばかりに会いたがるのであれば注意が必要です。もし、不安な場合は「お昼に〇〇に行かない?」と昼デートに誘ってみましょう。あなたが本命であれば、快くOKしてくれるはず。
いかがでしたか?神対応をされたからといって、勘違いをすると後で痛い目に合うかもしれません。彼の本心がわからないなら、友人に相談してみるのもいいでしょう。

関連リンク

  • 10/23 12:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます