SixTONES森本慎太郎・草間リチャード『鉄腕ダッシュ』2人だけの新企画が好調発進!ダッシュ島開拓は「NOTOKIO」で問題ナシ!

拡大画像を見る

 SixTONESの森本慎太郎(24)とAぇ!Groupの草間リチャード敬太(25)が10月17日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)に出演。TOKIOのメンバーが不在の中、DASH島のロケをしっかりこなし、視聴者から称賛の声が相次いでいた。

 この日は、森本と草間の2人だけで、DASH島に生息する生き物の調査を実施。調査開始前、草間は過去のロケで、巨大クモが自身の肩にのっていたハプニングについて触れ、「(クモが)急に来たらビックリするやん。毒があるかも分からへんから。そこはちゃんと知っておかないと」と今回の企画の目的を語った。森本はそんなを「またテンパって、“ヤバいヤバい”ってなっちゃう」と心配していたが、当時のVTRが流されたところ、その際の草間のビビりぶりはかなりのものだった。

 不安の残る草間だったが、森の奥深く進んだところでヘビを発見すると、なんと手づかみで捕獲。さらに、森本の協力を得て、草むらから引っ張り出すと、その頭をつかんで動きを封じた。ヘビをじっくりと観察した末、草間が「これアオダイショウじゃないの?」と指摘したところ、森本は「アオダイショウって、3メートルとかのやつでしょ?」と懐疑的だったが、番組の説明によると、草間の言う通り、このヘビはアオダイショウだという。

 その後、2人は森の中にある倉庫跡でシマヘビを発見。ここでも、草間は臆することなく、その尻尾を果敢にキャッチした。そして、身動きがとれなくなったところで、森本が頭をつかむという連携プレーを披露。見事にシマヘビを捕獲した森本と草間は「この短時間でヘビ2匹だよ」「俺の地元でも、まあまあヘビおったけど、こんな短時間で出会うほどはおらんかった」と島内のヘビの多さに驚きの声をあげていた。

■もはやTOKIOは不要?

 今回のロケにはTOKIOのメンバーがいなかったが、そうした不安をいっさい感じさせることなく、2人は大活躍。かつてはクモを怖がっていた草間がヘビを手づかみするという成長ぶりを見せる一方、森本がやや向こう見ずな一面がある草間を冷静にサポートするなど、コンビネーションも抜群だった。

 こうした2人の活躍には、視聴者から称賛の声が続出。ネット上では「島の野生児2人、ヘビを手づかみとかスゴすぎる」「シンタローとリチャ、たくましすぎない???」「ふたりしてバンバン行くからずっとドキドキしてるよ」などといった反響が相次いでいた。

 King & Princeの岸優太(26)とともに、『鉄腕ダッシュ』におけるTOKIOの後継者として有力視されている森本と草間。生き物に関しては松岡昌宏(44)が極度のヘビ嫌いとして知られているが、森本と草間に任せておけば、TOKIOがいなくても島の開拓は順調にすすみそうだ。

関連リンク

  • 10/23 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます