ケンカ後、仲直りのきっかけになった彼女からのLINE9パターン

つまらない理由で彼氏と言い合いになり、険悪なムードを招いたとしても、少し時間を置いてからLINEを送ることで、スムーズに仲直りできる場合があるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「ケンカ後、仲直りのきっかけになった彼女からのLINE」をご紹介します。

【1】構ってほしいという気持ちは伝わる「キャラがこちらをチラ見しているスタンプ」
「話しかけるきっかけを作ってくれているので、こっちもつっこみやすい」(10代男性)というように、スタンプを上手に使って、ケンカの最中でも相手をクスリとさせてしまうパターンです。彼氏が好きなキャラで「ごめんね」と伝えてみるのもよさそうです。

【2】非を認める姿勢が潔い「よく考えたら私も悪かった…やり直したいな」
「こっちも突っ張ってたけど、先に折れた彼女が大人。すごく反省しました」(20代男性)というように、潔い謝罪が彼氏の反省を促すこともあるようです。「僕も悪かった」という気持ちを引き出すことができれば、二人の関係もより深まるかもしれません。

【3】悪いと思っていることだけはわかる「うまく言えないけど、ごめんなさい!」
「シンプルだけど悩みや葛藤がよく伝わってきた」(20代男性)というように、とにかく真摯に謝ろうとする態度が仲直りにつながるケースです。言い訳をせずストレートに謝るほうが早期解決への近道になるでしょう。

【4】ツンデレぶりに萌える「怒ってたら、何だか会いたくなっちゃった!」
「自分が必要とされていることが分かると、付き合いたての気持ちに戻れる」(10代男性)というように、「会いたい」と素直に伝えてしまうのも手です。とはいえ、それだけでは仲直りしたい気持ちまでは伝わりにくいので、「私も…悪かったかな?」などと謝罪をほのめかす言葉は付け加えたほうがよさそうです。

【5】解決に向けた意欲が感じられる「LINEじゃうまく謝れないから、電話していい?」
「ケンカを長引かせず、早く元に戻りたいと思っているのが伝わってきた」(20代男性)というように、冷戦の収拾に向けて一歩踏み出そうとするのも、彼氏を前向きにさせるようです。メッセージのやり取りだけでは行き違いもあるので、話し合いは対面で行うのがベターでしょう。

【6】合わせ技で気持ちを表現する「めっちゃ泣いているスタンプとごめんスタンプのコンボ」
「泣きとごめんの合わせ技で来られたら、仲直りするしかないでしょ!」(10代男性)というように、自分の非を認めたうえでの「泣き」で彼氏の心をゆさぶる方法です。ただし、安易に使うと効果が半減してしまうので、乱発は避けたほうがいいでしょう。

【7】上から目線の言い方がたまらない「仲直りしても…いいよ」
「そうくるか!と感心して怒りも消えてしまった」(20代男性)というように、予想外の態度に出て相手を拍子抜けさせてしまうパターンです。ケンカの原因を棚上げせずに、本音と反省をおりまぜると、きちんと話を聞いてもらえるでしょう。

【8】下手に出て誘うところがいじらしい「泣いたらお腹空いたから…何か食べに行かない?」
「一緒にごはんを食べたいんだな、と思うと急に愛しくなった(笑)」(10代男性)というように、しおらしく構ってもらいたがるのも、彼氏のハートを射抜くようです。二人の思い出のお店をチョイスしたら、すぐにいつもの雰囲気に戻れるかもしれません。

【9】その一言には弱い「大好きだよ」
「ケンカしてても愛情を感じれば、ちゃんと向き合いたくなる」(20代男性)というように、変わらぬ愛を伝えると彼氏の心が和らぐこともあります。本気で仲直りしたいのであれば、これ以上のメッセージはないでしょう。

不器用で、ストレートに謝ることができない男性は多いもの。ケンカを長引かせたくなければ、こちらが少し大人になってあげると、素直に折れてもらえるかもしれません。(佐々木正孝)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/23 8:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます