カズレーザーの「警告」がなくても扱わない!?テレビ各局が眞子さまと結婚目前「小室圭さん放送」を避ける「重大問題」!

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザー(37)が10月22日放送の『めざまし8』(フジテレビ系)で放ったコメントが一部で話題を呼んでいる。

 番組では、この日、天皇皇后両陛下に結婚のご挨拶を行なう予定の秋篠宮眞子さま(30)が、成長してきた姿をVTRなどで紹介。眞子さまは10月23日に30歳の誕生日を迎え、同月25日には上皇さまご夫妻に挨拶へうかがい、26日に小室圭さん(30)と入籍する。

 眞子さまと小室さんのご結婚にコメントを求められたカズレーザーは「今回、異例なことがたくさんあったと思うけど、これが異例なことが選択肢の1つとして取り入れていったらいいのかなと思う」と語った。

 続けて、「結婚のタイミングでたくさん報道されると思うので、そろそろ報道を控えてもいいのかなと僕は思います」と『めざまし8』サイドの姿勢にも疑問を呈した。

 これにMCの谷原章介(49)は「すいません」と謝るも、「僕は見たかった。眞子さまの昔の、お父様と一緒に旅行されている姿とか……」と、眞子さまのこれまでの成長を見たかったと述べた。

 お二人のご結婚についてさまざまな意見が語られる中、ワイドショー関係者はこう話すのだ。

「実は、テレビ各局は小室さん関連の情報を報じることについては頭を悩ませているんです。ただ、それはカズさんが指摘した“騒ぎすぎ”といった理由ではありません。

 たしかに、小室さんや母親の佳代さん周辺には長く金銭トラブルが言われていて、これまで朝の情報番組やワイドショーは積極的に取り上げてきました。そのため、視聴者からは“騒ぎすぎ”や“やりすぎ”という声も出ています」

■「小室圭さん報道」は「全く数字が取れない」

 SNSには「報道各社は人の家の事情を追いかけすぎ」「小室圭氏に関する報道は、明らかにやりすぎだよ。そりゃ言いたいことはあるけど」「結婚後は一般人として生活って言ってるじゃん なんでも報道すればいいってもんじゃない」といった声も寄せられている。

「ただ、そういった声があるから、制作サイドが“報じたくない”というわけではないんです。実は、ここ最近、小室さん関連の報道は視聴率が全然取れないんです。やってもまったくうま味がない。“やらなくていいんじゃないか”ぐらい数字しか取れないんです。

 国の一大事で、小室さん周辺にはトラブルも言われている。たしかにチャンネルを合わせてくれそうなコンテンツではあるんですが、小室さんを取り上げると数字は下がる。カズさんが指摘する前から、制作サイドは小室さん関連の報道は“やりたくない”となっています」(前出のワイドショー関係者)

 小室さんについては、皇室報道に熱心な『女性セブン』(小学館)、『女性自身』(光文社)、『週刊女性』(主婦と生活社)といった女性週刊誌のみならず、『週刊文春』(文藝春秋)や『週刊新潮』(新潮社)など総合週刊誌も積極的に報じてきた。

■制作サイドのテンションもダダ下がり……

 前出のワイドショー関係者が続ける。

「週刊誌やワイドショーでこれまでさんざん報じられたこともあり、視聴者の中には“もう飽きた”“小室さんの顔も見たくない”となっている人も少なくないのではと。ワイドショーを見る人には、女性週刊誌も毎週のようにチェックしているような人が多いですからね。

 各女性週刊誌では、グラビア合わせて毎号10ページぐらい、小室さん関連の報道に誌面を割いています。だからこそ、テレビも含めて一連の報道に飽きていて、辟易しているのではないでしょうか。カズさんの指摘ももっともですし、制作サイドも“もう積極的には放送しなくてもいいのでは”となっていますよ」

 眞子さまと小室さんは、10月26日に婚姻届を提出する。この日の報道は各局で過熱しそうだが――。

「当然、その日は各局、時間を割いて報じるでしょうね。ただ、制作サイドのテンションはかなり下がっていますね」(前同)

 ひょっとしたら、入籍後は小室さんも落ち着いた生活を送れるのかもーー?

関連リンク

  • 10/23 7:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます