実録! 夫が「仕事のできない部下」に見えてしまった瞬間4つ

お互い愛情とリスペクトに満ちた対等な関係こそ夫婦としての理想像。でも、現実はそんな姿にはほど遠いと感じることありませんか? ましてやアラサーともなると社会人経験も豊富で、夫が尊敬すべき対象どころか、仕事のできない部下に見えてしまうなんてシビアな経験も。今回はそんな妻たちの声をリサーチしてみました!

オチのない話を延々と聞かされる

「こちらが忙しくて時間のないときに限って、夫がオチのない話をベラベラとしてきて正直イラっとすることがあります。“それで? ダラダラしゃべってないで、まずは結論から言って!”と思わず言いたくなりますが、これってまさに会社の後輩への態度ですよね」(40代/教育)

▽ 夫婦という気心の知れている関係だからか、それに甘えて脈絡もなく話をしているのかもしれませんが、忙しいときにこれをされるとイライラしますね。

言われたことだけしかしない

「夫と結婚してまだ半年ですが、気が利かないというか、ほんとうにこちらが言ったことしかやらないんですよね。“食事の後片付けしておいて”と言ったら、食器をシンクに下げるだけだったり……。食器を洗って乾かすまで、とか考えないんですかね」(30代/サービス)

▽ 会社の部下でも仕事ができない人の典型がまさにこれ。もう少し相手の言葉の奥底を考えるというか、配慮する、ということができなくて、困ってしまいます。

自分のペースでひたすら一方的に話す

「子ども相手で忙しいときにわざわざやってきて、会社の同僚のどうでもいい話を始める夫。子どもは子どもで話しかけてくるし、とても聞いている余裕がないのに同僚との内輪ネタで笑っている夫を見ると、自分本位な人間だなと思ってしまいます」(30代/派遣)

▽ 会社でもいますよね、相手の状況や様子をまったく顧みないで、ひたすら自分のペースで話したいことだけ話して満足している人。“もっと相手の状況をよく見て”と言いたくなります。

やると言ってやらない、有言不実行ぶり

「夫に家事を頼んでも、ほとんどやってくれません。“やっておくよ”と言うけど、結局やらないで私がやることに。子どもじゃないんだから、やると言ったらちゃんと責任をもってやって! と何度も怒鳴りたくなります」(20代/IT)

▽ これはもう立派なやるやる詐欺。部下でも生返事だけで、きちんと仕事をしない人っていますよね。自分の言葉にちゃんと責任を持つ、社会人としての基本です!

まとめ

なかなか手厳しいものですが、夫婦だからこそよけい腹が立つというか、情けなく思えてしまうことも多々ありますよね。こんな態度で夫は会社でほんとうに働いているのだろうか、と思わず心配にもなってしまいます。やはり夫には頼りがいや頼もしさを求めたくなるのが妻の心理。こんなふうにまるで仕事のできない部下のようでは愛情も半減してしまいます!

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/22 22:28
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます