霜降り明星、ダウンタウン松本人志は「霜降りスゴイ」絶賛でも…「打ち切り数字」“ゴールデンで2%”TBS『オトラクション』だけじゃない冠番組「爆死連発」の大深刻!

拡大画像を見る

 お笑い第7世代ブームが落ち着きを見せる中、その筆頭とも言える粗品(28)とせいや(29)によるお笑いコンビ・霜降り明星は相変わらず多数のレギュラー番組を抱え、テレビで見ない日はない。ただ、それらが絶好調かと言われると、決してそうではないようだ。制作会社関係者は話す。

「西川貴教さん(51)とともに霜降り明星がMCを務める『オトラクション』(TBS系)は4月の番組スタート時からずっと視聴率が悪いんです。先日の2時間SPも絶望的とも言える数字で、“いよいよ”とTBS内部でも言われています」

 10月19日の『オトラクション』は19時から21時まで2時間にわたって放送され、秋ドラマから清野菜名(27)、坂口健太郎(30)のほか、市川猿之助(45)など豪華俳優陣が出演した。

「にもかかわらず、平均世帯視聴率は2.9%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、個人視聴率1.7%という、ゴールデンでは考えられない絶望的な数字でした」(前同)

 同時間帯に放送された『ヒューマングルメンタリー オモウマい店 2時間SP』(日本テレビ系)は世帯視聴率14.8%と高い注目を集めたのとは、対照的な結果となった。

「『オトラクション』は『オモウマい店』の5分の1しか視聴率を取れていない。ゴールデンの2時間SPで世帯2.9%というのは即打ち切りレベル。『オモウマい店』だけに負けているのでなく、同時間帯では断トツ中の断トツで悪い数字でした。

 大物アーティストの西川さんがMCですから、簡単に打ち切ることは難しいとも言われていましたが、この数字ではおそらくもう延命できないでしょう。来年春の改編期を乗り切ることはできない、とささやかれていますね」(同)

■土8枠に引っ越した『新しいカギ』も“爆死”

「打ち切りは時間の問題」と言われる『オトラクション』でMCを務める霜降り明星だが、彼らの番組を見てみると、その多くが不調に喘いでいる。

 コンビの冠番組『霜降りバラエティ』(テレビ朝日系)は10月9日から約3時間繰り下げて、土曜深夜3時台というディープな時間に移動となり、『霜降りバラエティX』と改題して再スタートを切った。

「深夜3時ですから、多くの人がまずリアルタイムでは見られません。また、『霜降りミキXIT』(TBS系)も深夜放送なので、視聴率をどうこう言われる番組ではないのでしょうが、10月18日の世帯視聴率は1.5%、個人視聴率0.7%ですからね。同時間帯の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)は世帯5%以上取っているので、大きく水をあけられています」(前出の制作会社関係者)

 霜降り明星、チョコレートプラネット、ハナコがメインキャストとして出演するバラエティ番組『新しいカギ』(フジテレビ系)は、10月16日から土曜20時枠で放送をスタートした。

 金曜20時台から、『オレたちひょうきん族』や『めちゃ×2イケてるッ!(めちゃイケ)』など、伝説的なお笑い番組が放送されていたフジテレビの看板枠に“昇格”したと言えるのだろう。

 引っ越し1発目となる16日の2時間SPには、ガレッジセール・ゴリ(49)が扮するゴリエのほか、深田恭子(38)、東京オリンピックの柔道金メダリストのウルフ・アロン選手(25)をはじめとするメダリストも出演した。

「しかし、世帯視聴率は4.3%、テレビ各局が重視している13~49歳のコア視聴率も3.4%でした。低い世帯視聴率の中でコアは健闘しているとも言えそうですが、土曜のゴールデン、しかもフジテレビの20時枠の2時間SPで世帯4%台というのは“爆死”と言われても仕方がない数字です。今と昔を比べるのは違うのでしょうが、『めちゃイケ』は30%を超える数字を残していたのですから、やはり寂しいですよね。

 また、霜降りがレギュラー出演している『クイズ!THE違和感』(TBS系、毎週月曜日20時~)も昨年春のスタート以来、ずっと不調が続いています。10月18日の2時間SPも世帯視聴率4.1%、個人視聴率2.6%でした」(前同)

■松本人志、今田耕司、見取り図……芸人仲間は霜降り明星を絶賛

『クイズ!THE違和感』と同時間帯に放送された『帰れマンデー見っけ隊!!』(テレビ朝日系)の3時間SPには、レギュラーのタカアンドトシやサンドウィッチマンのほか、嵐の相葉雅紀(38)や『キングオブコント2021』の王者・空気階段も出演。世帯視聴率11%以上と、高視聴率を記録した。

『クイズ!THE違和感』は『帰れマンデー見っけ隊!!』の3分の1ほどしか世帯視聴率を取れていないのだ。

「NHKを含めて横並びで最下位なんです。こうした例でもわかるように、霜降りの番組の多くが、数字を取れていない、寂しい状況なんです」(前出の制作会社関係者)

 視聴率では振るわない霜降り明星だが、芸人からの評価は抜群に高い。

 6月29日放送の『霜降りバラエティ』には、今ノリに乗っている見取り図のリリー(37)と盛山晋太郎(35)が出演。

 リリーは霜降り明星の印象を「すごい! すごい! ただの天才が現れた感じやったもんな」と振り返り、盛山も「ホンマそうなの……。『オールザッツ漫才』、粗品が優勝した初のティーンで10代で、そんときももちろん騒ぎになったやん、“ヤバすぎる粗品”って。すごいエリート出てきたって」と語った。

 また、今田耕司(55)の公式YouTubeチャンネル『今ちゃんねる』でせいやとコラボした際、今田は霜降り明星について「天才、2人とも」と絶賛。さらに「ここの時代じゃなくてよかったと思うときあるで。こんなネタよう作らんわ」と感嘆していた。

 極めつけはダウンタウンの松本人志(58)だろう。2020年10月の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で、松本は霜降り明星について「スゴいの出てきたなって思うもん」と漏らしたのだ。

「芸人からは大絶賛されている霜降りですが、一方で、テレビの制作サイドからは“霜降りが好きで、一緒にやりたい”という人の話をほとんど聞きませんね……。特に粗品さんは番組サイドに要求するレベルが高く、厳しい言葉が多い。それが原因で収録が上手くいかないことも少なくないですからね」(民放キー局ディレクター)

■「全部ホンマ」だった粗品の“まな板事件”

『新しいカギ』の「まな板事件」もその1つだろう。

 5月14日放送の同番組のゲストコーナー「焼肉ソシナ」の収録の際、用意されていたまな板をADが本番直前に洗剤で洗ってしまい、粗品がこれに激怒。

 実家が焼肉店を営む粗品は「営業前の焼肉店で、洗剤でまな板を洗うなんてありえない。新しいのを用意して!」となり、粗品が納得するまな板を買いに行く必要が生じたため、収録が3時間も遅れてしまったという。

 9月10日放送の『新しいカギ』の中で、粗品自身がこの騒動について「あれは全部ホンマです」と認めたことも記憶に新しい。

「粗品さんの口癖は“これ、ちゃいますね”です。番組サイドが用意したコントの台本などに“これ、ちゃいますね”と言う場面は少なくありません。

 ダウンタウンの松本さんもスタッフ側に求めるレベルは高いんです。でも、松本さんの場合、“こうしたらいいんじゃない?”、“こういう感じでいこうか”といった具合に、改善案を提示してくれる。粗品さんにはそうしたことが少ないと言いますね……。それでスタッフが頭を悩ませて事が前に進まない、収録に時間がかかってしまったりすると。

 スタッフのほうは、粗品さんの求めるものに“とりあえず”対応する、何とか進行できるようにもっていく。そういう感じだから、霜降りの番組に前のめりになれないということもあるのかもしれません」(前出の民放キー局ディレクター)

■ロケ時間押しで粗品が「豹変」!?

 そうした一連の言動の積み重ねが、霜降り明星の番組の視聴率不振にもつながっている可能性もありそうだ。

 また、霜降り明星はコンビの番組だけではなく、ピンでの仕事も抱えている。特に粗品は10月7日スタートの『有吉の世界同時中継~今、そっちってどうなってますか?~』(テレビ東京系)では進行を担当している。

「2人があまりにも多忙のため、1つ1つの番組で作り込めない部分もあるのかもしれません。いつもはスタッフへの対応は丁寧な粗品さんですが、ロケなどの収録の時間が押すと、瞬く間に不機嫌になり、マネージャーに当たることもあるそうです。

 そのため、マネージャーは時間が見えない、時間が押しそうな仕事はほぼNGにしているといいます。そういったことも、2人の番組が低迷している一因なのかもしれないですね。やはり現状は、あまりにも忙しすぎるのではないでしょうか……」(前出の民放キー局ディレクター)

 芸人からはその才能が絶賛される霜降り明星だが、それだけではテレビ界では成功できない!?

関連リンク

  • 10/23 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます