TBS『水曜日のダウンタウン』遠隔操作『ラヴィット!』大喜利企画で大売れ確定!「あの」の魅力爆発!

拡大画像を見る

 10月20日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)は「生放送の裏で色々やってましたSP」と題して、同局で13日朝に放送した『ラヴィット!』で、実は「女性ゲストを大喜利芸人軍団が遠隔操作すればレギュラーメンバーより笑い取れる説」を行っていたことを明かした。

 本来の企画そのものの面白さに加え、仕掛け人となった、元ゆるめるモ!メンバーの“あの”の評価がうなぎ登りだという。

「『ラヴィット』は、MCの麒麟・川島明(42)の“ニュースはやらない”という方針もあり、普通の情報番組ならさらっと流れるクイズコーナーが、なぜか本格的な生放送の大喜利になることで知られています。

 今回は、そんな大喜利の回答を千原ジュニア(47)、笑い飯・西田幸治(47)、野性爆弾・くっきー!(45)、霜降り明星・粗品(28)、麒麟・田村裕(42)、オードリー・春日俊彰(42)という豪華なメンツが“あの”のブレーンとして回答をひねり出していたんです」(専門誌記者)

 メンツがメンツなだけに、「浅草の名店七味唐辛子の中には何が入っている?」というクイズに、

「ほぐした赤LARK(タバコの銘柄)」(作・西田)

「(麻雀牌の)チーソーの赤い部分」(作・粗品)

「矢田(矢田亜希子)さんの削り歯茎」(作・くっきー!)

 と強烈すぎる回答を連発。MCの川島が「50ぐらいの作家がついてます?」と、実は核心を突いていたツッコミも入った今回の大喜利企画。放送直後から、企画及び回答が大絶賛されているのだが、ここにきて、大喜利軍団の回答とアウトプットする“あの”本人の唯一無二の存在感があったからこそ成立したのでは、という声も上がっている。

■“あの”の魅力

「あの独特のいわゆる“アニメ声”と、つねに眠そうな舌足らずの喋り方が、独特な空気を発しているんです。これは歌唱方面にも生きていて、昨年からano名義でソロ、今年からバンドI‘sのメンバーとして音楽活動をおこなっていますね。

 今回の場合、回答自体は大喜利軍団の指示をそっくりそのまま答えているんですが、西田の“びっしりお経が書いてある”、くっきー!の“木工ボンドいっときますか”という回答を、絶妙なアドリブのトーンで話しており、千原ジュニアに“いいね、いいトーンで言うね!”と絶賛されていました」(前出の専門誌記者)

 ちなみに、『水ダウ』を担当する藤井健太郎ディレクターが公式ツイッターで明かしたところによると、あのに直接回答を伝える係だった千原ジュニアは「こっちはめちゃくちゃウケてるから大丈夫だよ」と、今回の企画であのを励まし続けていたとを明かし、

《正直、ゲスト役はあのちゃんでしか見えてなかったんですよね。ベストキャスティングだったと思います。》

 と、太鼓判を押している。

 また、そのつかみどころのないキャラクターに反して実はけっこう肝も据わっている。収録後のインタビューであのは、

「ドッキリって言ってもかなり難しいというか。大役なのですごく困った。でも、みんな笑ってくれたので良かった」

「(川島さんは)初対面。初めましてだったので、第一印象最悪(笑)。すごい、でもお優しく皆さん盛り上げてくれました。なんか、お騒がせしました。でも楽しかったので、今後とも仲良くしてください」

 と、人生初のドッキリ仕掛け人にしっかりと手ごたえを感じていたようだ。

■実はコアなファンの間で圧倒的なカリスマを誇る

「ゆるめるモ! 時代から少々過激な言動や奇行が話題を呼び、“メンヘラ病み系アイドル”の代表的存在としてコアなファン層を持っていましたが、文章だとかなり印象の変わる人でもあります。

《春がきたからと別れの季節にする必要は無いわよ》《人生楽しんだもん勝ちってよく言うけど苦を自分なりにどうにか埋めるという事をしないとその場を楽しめない人間もいるのだがそれが周りにとって迷惑で害ならそのような人間はどうやって楽しんだもん勝ちをしていくのだろうか~どこへ。》という風に、ツイッターやインスタグラムで多くの名言をつづっています」(前出の専門誌記者)

 今回の『ラヴィット×水ダウ』でも、無表情で芸人らの超ハイレベルな大喜利回答を淡々と口にする圧倒的な度胸に、SNSは《あの雰囲気でも同じテンションで言えるあのちゃん天才イイね》《リアタイで偶然見てたけど、あのちゃんを「この人おかしい(良くも悪くも)」と感じていた。》《あのちゃん、ナイスだしん!》

 と大盛況だった。

 突如頭角を現してきた“あの”。

 ツイッターフォロワー数48.5万人、インスタフォロワー数41.2万人のカリスマ性は、伊達じゃないようだーー。

関連リンク

  • 10/23 7:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます