マツコが指摘、SKY-HIは「ヤバイからすごくなった」BE:FIRSTの素顔にも迫る

拡大画像を見る

1億円オーディションが話題、音楽プロデューサーのSKY-HIが、23(土)放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)に登場。世界で活躍するボーイズグループを作るべく、自ら会社を立ちあげたというSKY-HIをマツコが深掘りする。




SKY-HIは、自身で世界的なグループを作りたいと1億円を出資してボーイズグループオーディション『THE FIRST』を開催。「このままだと日本から良質なダンス・ボーカルグループが生まれなくなるという危機感を感じていました」と語るSKY-HI。


企画したオーディションは、2ヵ月におよぶ合宿を含めた1年がかりのもので、歌やダンスの基礎能力からステージでの表現力まであらゆる能力が問われる厳しいものだった。そして、そのすべての審査をSKY-HIが1人で行った。このオーディションを勝ち抜いたメンバーで結成した「BE:FIRST」は、いよいよ11月3日デビューすることが決定し、プレデビュー曲の『Shining One』のミュージックビデオは1800万回超再生にもおよぶ。


そんな敏腕プロデューサーSKY-HIについて、マツコは「稀代のプロデューサーみたいな扱いだけど、最初は“こいつ、ヤバイわ”って思ってたけど、やっぱりヤバイからすごくなったのよ」と、たぐいまれな独創性を指摘する。SKY-HI自身も、「僕もヤバイなと思う。でも、今までの当たり前の方がヤバくて、暗黙のルールとか慣例とか。普通に真っ当なことを真っ当にやると、結局ヤバイ人になるってことかなと思います」と分析する。
そのほかBE:FIRSTも登場し、マツコがメンバーの素顔に迫るなど、新時代の音楽プロデューサーSKY-HIの活動をマツコが深掘りする。



■『マツコ会議』
2021年10月23日(土)23:00~23:30
出演者:マツコ・デラックス、SKY-HI

(C)日本テレビ

関連リンク

  • 10/23 7:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます