声優・小野大輔「僕にとって神ですね」今でもなってみたい“職業”とは?

拡大画像を見る

架空のレコード店を舞台に、「上質な音楽を、じっくり味わう。」をコンセプトにお届けするTOKYO FMの生ワイド番組「THE TRAD」(毎週月曜~木曜15:00~16:50)。水曜・木曜の放送は、ハマ・オカモト(副店長・パーソナリティ)と、中川絵美里(専属店員・アシスタント)が本質的で流行に左右されない上質な音楽と趣味の話題をお届けします。今回はゲストに小野大輔さんが登場! ここでは、声優を目指すきっかけとなった出来事を語りました。


(左から)中川絵美里、小野大輔さん、ハマ・オカモト


◆音響効果がやりたかったんです

ハマ:小野さんは高知県出身ということですが、声優になるために東京へ来られたのですか?

小野:これが……最初はテレビドラマが作りたくて、放送学科がある日本大学・芸術学部に入りました。ですが大学1年のときに、自分が作ったミニ番組が酷評されて挫折しまして……。

ハマ:もう全然ダメだと。

小野:箸にも棒にも引っ掛からなくて。それで、“もうラジオしかない”となりました。ラジオって、テレビに比べたら少ない人数でも作れるじゃないですか。あと、ラジオの授業を受けていた友達がいたことが大きかったですね。

ハマ:それで、まずはラジオに。

小野:はい。それで、ラジオドラマを作ろうってなったときに役者が足りなくて……。

ハマ:それで、ご自身で演技を?

小野:そうです。

中川:すごいきっかけですね。

小野:隣に演劇学科があったんですけど、友達がいなくて声をかけられなかったんですよ(笑)

ハマ:じゃあ、ご自身で考えた役をご自身で演じたことがきっかけですか?

小野:そうですね。でも実は音響効果がやりたかったんですよ。

ハマ:なるほど。じゃあ演者側ではなく?

小野:自分の声にもあまり興味がなくて。ただ、ラジオドラマを作っているときに、友達が「声が良いから出なよ」と言ってくれて。それでやってみたら(周りから)褒められたんです。

ハマ:はぁ~、それが自信になって。

小野:調子に乗りましたね(笑)。

ハマ:ハハハ(笑)。じゃあ、そこから本気で声優さんを目指して、いろいろ勉強をされていったのですね。でも最初は、音響効果に携わるのが目標というか夢だったんですよね。

小野:そうです。だから今、(スタジオから)副調整室が見えるんですけど。僕にとって、あちらの方々は神ですね。

ハマ:そういうことですよね(笑)。あちら側(副調整室に)にいる仕事も、もちろん知っていたというか、勉強されていたっていうことですもんね?

小野:今でも、あちら側に行ってみたいなと思ったりしますね。

<番組概要>
番組名:THE TRAD
放送日時:毎週月曜~木曜日 15:00~16:50
※「THE お仕事ラッド」は毎週月曜16:00時頃、放送予定
出演者:稲垣吾郎(月曜・火曜パーソナリティ)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)(水曜・木曜パーソナリティ)、吉田明世(月曜・火曜アシスタント)、中川絵美里(水曜・木曜アシスタント)
番組サイト:https://www.tfm.co.jp/trad/index.php#program

関連リンク

  • 10/22 20:40
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます