勝地涼×仲野太賀、『いのち知らず』開幕「生で体感できるお芝居を存分に楽しんで」

 東京・本多劇場にて10月22日開幕した岩松了作・演出の舞台『いのち知らず』より、ダブル主演を務める勝地涼、仲野太賀らのコメントと舞台写真が解禁された。

 本作は、とある山間にある研究所を舞台に、その施設の目的も知らずに門番として雇われている二人の若者と、やはりその施設で雇われている年配の男の交流を通して、「いのち」の意味と男同士の「友情」の真価を問う人間ドラマ。

 施設の門番として雇われているロク役は勝地涼、ロクと共に門番として雇われるシド役には仲野太賀。もう一人の年嵩の門番モオリ役には光石研。ロクとシドと共に番屋で暮らすことになるトンビ役に新名基浩。施設の監視役的存在の安西役で岩松了が出演する。

 岩松は「今回は女優のいない、男っぽい芝居を突き詰めた、初の男性のみの作品です。いつもと違う脚本を書いているような、霧の中をさまよっているような、そんな感覚で書き上げました」と話す。

 勝地は「横にいるのが太賀で本当によかった! ピュアなロク、まっすぐなシド、愛に飢えたモオリと様々な男たちが描かれた今作は、読めば読むほど深みにハマって。やっぱり岩松さんは天才です。男の友情の中にある嫉妬に共感する部分もあるかと思います。その瞬間、そのシーンの関係性やこだわりを体感していただきたいです」とコメント。

 仲野は「1つ1つやるべきことを日々習得してゆくというあっという間の稽古でした。今までの演劇経験の中でも一番セリフ量が多かったのではないかと思うくらい大変でしたが、一つのシーンを作るのに勝地さんともたくさんディスカッションしながら同じ方向をむいて密度の高い時間を過ごせました」と稽古を振り返った。

 M&Oplaysプロデュース『いのち知らず』は、東京・本多劇場にて10月22日~11月14日上演。東京公演後は宮城、大阪、島根、山口、熊本、広島、愛知で地方巡演。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/22 18:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます