真夜中の12時・相馬理、“金髪のゲス男”から一変“爽やかな黒髪”高校生に

【モデルプレス=2021/10/22】YouTuberグループ・真夜中の12時の相馬理がゲスト主演を務めたFOD「スイートリベンジ」第9話・10話(「善人ヅラしたゲス!世直し配信オトコ」)が、25日と11月1日にフジテレビで放送されることが決定。さらに、11月18日より順次放送スタートする連続ドラマ「美しい彼」(MBSほか)の出演が決定し、爽やかな高校生を演じる。

◆相馬理、ゲスト主演「スイートリベンジ」放送

「スイートリベンジ」は「Book Live!」の年間ランキングで女性漫画部門4位と人気を博した、原案・澤田賢一、漫画・柏屋コッコによるFOD発のオリジナルコミック「スイートリベンジ」の実写化。普段はさえない地味なマリコ(夏菜)が、“落とし屋”としてターゲットのオトコの好みに合わせて変身し、最低オトコに傷つけられ、泣かされた女性に代わって成敗する恋愛復讐劇。

相馬が演じるのは、世直し動画でチャンネル登録者数300万人を誇るカリスマ動画配信者“オレキング”。世の中の悪に敢然と立ち向かう正義の味方として人気のオレキングだが、実は裏の顔を持つゲス男だ。

役作りのために金髪に染め、いつもの「スマイル王子」を封印し、主演の夏菜からも「ドラマ初出演とは思えない」とお墨付きを頂くほどの熱演ぶりを見せた。

また、「真夜中の12時」公式YouTubeでは「スイートリベンジ」エグゼクティブプロデューサーの全面協力のもと壮大なドッキリ企画を仕掛けられ、身体を張ってムチャぶりに挑む衝撃的な姿も話題になっている。

◆相馬理「美しい彼」に出演

「美しい彼」は、BLアワード2015で第1位を獲得した凪良ゆうによる同名小説の実写ドラマ化。思うように言葉を発せない「吃音(きつおん)症」を持ち、幼い頃から周囲になじめず“ぼっち”を極める高校3年生・平良一成(萩原利久)と、学校のカースト頂点に君臨する圧倒的カリスマ・清居奏(八木勇征)。底辺“ぼっち”な男子高生と、学校の中心で美しくカリスマ的魅力を持った対極な男子高生二人の、分不相応な恋心の行方を丹念に描く話題作。

相馬が演じるのは、清居のグループの一人・立花。金髪のゲス男・オレキングから一転、爽やかな黒髪の高校生に挑戦する。(modelpress編集部)

◆相馬理コメント

「スイートリベンジ」に続き連続ドラマ2作品目。まだまだ慣れないですが、同世代も多かったので休憩中にいろいろ話したり携帯ゲームをしたり楽しんで撮影に臨めました。緊張しいの僕ですが少しそこは成長できたかなと思います。

「美しい彼」では八木勇征くん演じる清居のグループの一人・立花役を演じました。生徒会に所属し眼鏡をかけて一見、真面目そうに見えるのですが、意外とおバカで明るい役で僕に近いかなあと感じました。そんな似た一面なんかも探してもらえると嬉しいです。

そして「スイートリベンジ」が地上波で放送されるということで、僕にとって初連続ドラマでゲスト主演という大事な役所を演じさせていただいたので、改めてたくさんの方に見て頂けると思うとドキドキしますね!

ドラマをきっかけにいろいろな相馬理を知っていただきたいので、その第一歩の作品になると嬉しいです。地上波で初めてご覧になる方はもちろん、FODで既にご覧頂いた方もぜひ楽しんでもらえたら嬉しいです!

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/22 19:17
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます