山田まりやが告白“表舞台から姿を消した”理由と修羅境遇

拡大画像を見る

 タレントの山田まりやが、10月18日に自身のYouTubeチャンネルをリニューアル開設。表舞台から姿を消した理由を明かした。

 山田は「【衝撃の告白】山田まりやの過去を全て打ち明けます【Love myself】」と題した動画を投稿。「家がちょっとゴタゴタしてたんで、家で落ち着いてリラックスしてご飯食べたことがないんですよ。父親がお酒飲んで暴れる人なんでいつもビクビクしてて。母親もそういう感じで自己肯定感が低い感じだった」と過去の境遇を振り返り、「23歳の時に病気していて、あまり無茶がきかなくなった。バラエティ全盛期でガツガツ挑戦していた時を覚えてくださっていると思うんですけど、実はそういうことが今できなくなっている」と表舞台から姿を消した理由を告白した。

 ネット上では「2時間ドラマではいいポジションにいたよね。いずれ準主役くらいいくかと思ったのにそんなことがあったんだな…」「イエローキャブ時代はかなり売れっ子だったね。いつの間にか消えてたけどそんなことがあったとは知らなかった」「精神的に疲弊しちゃったのかな。今は幸せそうでなによりです」「昔からやたら周囲に気を使ってる感じがしてた。今からでもバラエティ番組で人気になると思う」などといった声が寄せられている。

 山田は過去に超過密スケジュールでいつ食事ができるかわからないような日々が続き、合間を縫っての過食から腸などの消化器官の難病「クローン病」の疑いがあると診断され、闘病生活を送っていたことも告白している。あの明るいキャラの裏にそこまでの苦労があったとは驚きだ。

(ケン高田)

関連リンク

  • 10/22 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます