前田大然、ポステコグルー監督と再タッグ? セルティックが獲得に「自信」か

拡大画像を見る

 横浜F・マリノスに所属するFW前田大然の獲得に、スコットランド1部のセルティックが関心を示しているようだ。22日、イギリス紙『タイムズ』が報じた。

『タイムズ』紙によると、セルティックは同選手の獲得に「自信を持っている」模様だ。また、今シーズンからセルティックの監督を務めるポステコグルー監督は、今年6月まで横浜FMを指揮。先日には来年1月の補強に言及し、「Jリーグは我々が注目する市場の一つ」と語っていた。

 現在24歳の前田は山梨学院大学附属高校出身で、2016年に松本山雅FCへと加入。2019-20シーズンにはポルトガルのマリティモへの期限付き移籍も経験した。2020年夏から横浜FMでプレーしており、2021シーズンの明治安田生命J1リーグでは現在リーグトップの18ゴールを記録している。

 なお、セルティックには今夏にヴィッセル神戸から完全移籍で加入した日本代表FW古橋亨梧も在籍。古橋はここまで公式戦13試合の出場で9ゴールと大活躍している。

関連リンク

  • 10/22 17:21
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます