今季EL初勝利のナポリ、主将インシーニェは決勝T進出へ「できる限りのことをする」

拡大画像を見る

 ナポリに所属するイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが、ヨーロッパリーグ(EL)について語った。21日付けでイタリアメディア『Football ITALIA』が伝えている。

 21日にELグループステージ第3節レギア・ワルシャワ戦を迎えたナポリは、ホームで3-0の白星を飾った。同試合に先発出場し先制ゴールを記録したインシーニェは、試合後の取材に応じ「チームは全体的に素晴らしいパフォーマンスだったし、レスターやスパルタク・モスクワを倒したレギアに、実質何もさせなかった」と勝利への満足感を口にした。

 これでナポリは、同大会1勝1分1敗。チームのキャプテンも務めるインシーニェは「次のラウンドへ進出するために、この3ポイントは重要だ。我々は、参加している全てのコンペティションに敬意を表したい。監督は選手全員を頼りにしてくれる。ヨーロッパでできる限りのことをするのは当然のことだ」と、次戦以降の戦いへ意気込みを示している。

関連リンク

  • 10/22 17:02
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます