トム・ホランド主演で人気ゲームを映画化 『アンチャーテッド』公開決定&予告解禁

 俳優トム・ホランドを主演に迎え、同名タイトルの人気ゲームを映画化した『UNCHARTED(原題)』が、邦題を『アンチャーテッド』として2022年に公開されることが決定。予告映像と場面写真が解禁された。

 トレジャーハンターのネイサン・ドレイクが、伝説の秘宝や古代都市の謎を紐解いていくアクション・アドベンチャーゲーム「アンチャーテッド」シリーズ。2007年の第1弾発売以降、全世界のシリーズ累計売上数は4170万本を超え、2009年にはゲーム界のアカデミー賞とも呼ばれる“AIAS ゲーム・オブ・ザ・イヤー”を受賞。これまで多くのゲームファンから熱い支持を受けてきた。

 本作は、そんな世界的人気を誇る同ゲームを映画化したアクション・アドベンチャー。原作ゲームの主人公は、実在した海洋冒険家フランシス・ドレイクの子孫を名乗るトレジャーハンターのネイサン・ドレイク(愛称:ネイト)。歴史に精通し、類まれなる身体能力をもつ若き主人公ネイトを、『スパイダーマン』シリーズで主演を務め、最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の公開も控えるトム・ホランドが演じる。

 ネイトの師匠的存在であり、共に財宝を探すビクター・サリバン(愛称:サリー)を演じるのは、『ディパーテッド』や『トランスフォーマー』シリーズのマーク・ウォールバーグ。ネイトと同じ財宝を狙う敵サンティアゴにふんするのは『マスク・オブ・ゾロ』のアントニオ・バンデラス。監督は『ヴェノム』のルーベン・フライシャーが務める。

 “UNCHARTED(アンチャーテッド)”の意味は、「地図にない場所」。そこには50億ドル相当の財宝が眠るという。ネイトとサリーは、消えたネイトの兄サムが残してくれた手掛かりとマゼランの航海図を頼りに、その財宝に辿り着こうとするが―。

 予告映像は、「その場所は地図には記されていない。存在しないのではなく、消されたんだ」というセリフと共に、主人公ネイト(トム)が謎めいた場所で地図を見つける場面からスタート。そしてネイトはサリーと出会い、共に財宝を探すことに。兄のサムも探しているネイトは「財宝に辿り着けば彼にも会えるはずだ」という想いを胸に、冒険を繰り広げていく。

 そんな彼の前に、同じ財宝を狙う敵サンティアゴ(アニントニオ)が現れ「長きにわたり一族で財宝を追い求めてきた。命がけでね」と言い放つ。さらに「パートナー選びは大切よ」と言って銃口を向ける謎の女性も。財宝に辿り着く手掛かりを兄サムが残していたことに気付いたネイトだが、さまざまな危険に直面。最後はネイトが飛行機から落ちそうになりながらも必死でサバイバルしていく、息をのむようなアクションシーンの数々が収められている。

 『アンチャーテッド』は2022年全国公開。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/22 14:30
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます