櫻坂46・守屋茜、渡辺梨加が卒業発表 改名後、一期生からの卒業は初

 櫻坂46・守屋茜、渡辺梨加が22日、グループから卒業することをオフィシャルサイトで発表した。2人は共に櫻坂46の一期生。2020年に欅坂46から櫻坂46に改名してから、一期生メンバーの卒業は初になる。

 オフィシャルサイトでは「守屋茜、渡辺梨加 卒業のお知らせ」として、「櫻坂46のメンバーとして活動してまいりました守屋茜と渡辺梨加に関しまして、本人よりグループからの卒業の申し出がありました」と伝え、「本人との話し合いを踏まえて弊社として検討した結果、本人の意向を受け入れ、3rdシングルの活動をもちまして守屋茜と渡辺梨加はグループから卒業することとなりました」と発表した。

 守屋と渡辺は欅坂46の一期生としてグループに加入。2015年から6年間、欅坂46、櫻坂46メンバーとして活動してきた。2020年10月に欅坂46から櫻坂46に改名後は、二期生の松平璃子が卒業したが、一期生からの卒業は2人が初となった。

 櫻坂46は現在、グループ初の全国アリーナツアー「1st TOUR 2021」を開催中。10月29日〜31日にはファイナルとなるさいたまスーパーアリーナでの公演を控えている。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/22 12:49
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます