東野幸治が投稿したとろサーモン・久保田の衝撃的な姿 「知らなかった…」驚くファンも

拡大画像を見る

今回が第3話となった「宮崎県の旅」では、これまでに引き続き宮崎県出身のとろサーモンおすすめのエリアを訪れる姿が放送された。トロッコ列車に乗って絶景を楽しんだり、かつて久保田かずのぶがお面をもらったという芸能と縁結びの神社・荒立神社で小競り合いをしたりとまたもや問題を勃発させながらも旅を満喫した東野幸治と岡村隆史。東野は番組終了後、「旅猿で宮崎満喫しました」と自身のインスタグラムを更新している。

前回の放送終了時には、久保田がデザインした旅猿Tシャツや高千穂峡ではしゃぐメンバーの写真を投稿していた東野。今回も楽しい旅の様子を披露するのかと思いきや、更新されたのは久保田の頭頂部。実は久保田、頭頂部がかなり薄くなっているのだ。普段は帽子を被っていたり正面から撮影されたりと気付かれないことも多いよう。初めて知ったというフォロワーからは、「気付かなかった」「うそでしょ!」と驚きの声が寄せられていた。

また久保田自身も、この投稿にすばやく反応。「旅の写真にしては無残過ぎるやろ! 江戸の罪人のハゲ方しとるがな!」「もう、思い出も髪の毛も何もないわ」と自虐的にツッコんで笑いを誘っていた。

ちなみに久保田の髪型に関しては以前からしばしばネタにされており、『アメトーーク!』の「薄毛バレたくない芸人」に出演したり、相方である村田秀亮から「春夏秋冬でハゲ具合が異なる」と指摘されたこともあった。今回の放送でも、乗車したトロッコ列車の名物になっているシャボン玉を頭に吹きかけられるなど何かとイジられ、久保田の怒りを買っていた。とはいえ久保田はかつて「与えられた髪で生きていくのが人間」「わざと丸坊主にして逃げるというのは神への冒涜です」と力強く言い切った経緯もあり、これからもこの個性とともに芸能活動を送っていくようだ。

画像2枚目は『東野幸治 2021年10月21日付Instagram「旅猿で宮崎満喫しました。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

関連リンク

  • 10/22 12:24
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます