思わず二度見!?崎陽軒「ジャンボシウマイ」は見た目も味も楽しめる一品だった

拡大画像を見る

崎陽軒の「ジャンボシウマイ」は、中国の「結婚式で巨大な桃まんじゅうの中から小さな桃まんじゅうが出てきて、それを列席者に振る舞うことで子孫繁栄、両家繁栄の願いが込められる」という風習をベースにして作られたもの。ケーキカットのようにナイフを入れると、中から「特製シウマイ」があふれ出す、おめでたい1品です。
崎陽軒では、この感動をおうちでも楽しんでもらおうと「おうちでジャンボシウマイ mini」を販売中。さっそくその魅力を体験してみました。

●店舗販売を予約して購入、その重さにちょっとドキドキ


「崎陽軒本店」の、ウエディングや宴会で人気のメニュー「ジャンボシウマイ」。これが家でも楽しめるとは、想像するだけでも気分が盛り上がります。今回は店舗販売している店に予約をして購入。1日数量限定で作っていますが、運がよければ翌日には手に入れることも(通信販売の場合は、受注から発送まで5~6日かかるそう)。

「おうちでジャンボシウマイ mini」3,500円

「おうちでジャンボシウマイ mini」は、ホールケーキが入っているかのようなボックスに入っていました。思ったよりも重量感があります。

サイズ感を伝えるためにステープラーを置いてみました

作り方通りに進めていけばちゃんとできそう

開けてみると、見たこともないサイズのシウマイ、トレー、説明書が。説明書をじっくり読んで、いよいよ調理開始です。

●レンジで10分加熱、5分蒸らしてジャンボシウマイのできあがり!


作り方は大きなサイズの皿の上にトレーを置き、真空パックされたシウマイを置きます。上部に切れ込みを入れたら、レンジで10分加熱します。取り出したら、5分ほど蒸らせばできあがりです。
ビニールを縦に切り込み、上部の両端を持ってずらしていくと、きれいに剥がすことができました。あたりは、崎陽軒のシウマイの香りに包まれます。

まさにジャンボシウマイ!

それにしても大きい! ちゃんと切れるか、ナイフを持つ手が緊張します。

●2つに割れたとたん、中からシウマイがあふれ出してきた!


1cmほどの深さで2カ所にナイフを入れます。下まできっちり入れて、いよいよ2つに割れる!

切り込みを2カ所いれて…

と同時に、中からシウマイがあふれ出してきました。

コロコロとかわいいシウマイがでてきました!

「昔ながらのシウマイ」が22個! 作り始めからずっと大きいサイズのシウマイを見ていたので、中から出てきたシウマイがかわいらしく思えます。ころころと転がるシウマイに見とれてしまいました。この瞬間はおうちパーティーでも盛り上がること間違いなしです(大きいサイズのシウマイの時点でかなり盛り上がると思いますが…)。もちろん「昔ながらのシウマイ」ですから、味は安定のおいしさでした。

●外側の生地は「昔ながらのシウマイ」のあん


ころころかわいいシウマイはもちろん、外側の生地も、実は「昔ながらのシウマイ」のあんでできています。1cmほどの厚みのあんの中には、しっかりとグリーンピースも入っています。

外側の生地までおいしい

一口サイズに切り分ければ、お酒のおつまみとして気軽に食べられます。いつものシウマイの食感とはまた違った食感が、また楽しいひとときでした。

外側の生地はシウマイと同じくらいのボリューム!

「おうちでジャンボシウマイ mini」は、通信販売の場合は冷凍、限定店舗での販売は冷蔵。冷凍の場合は30日ほど、冷蔵の場合は10日ほど。おうちパーティーが決まったら、「おうちでジャンボシウマイ mini」を手配して、大いに盛り上がってみてはいかがでしょう。

崎陽軒
https://shopping.kiyoken.com/

関連リンク

  • 10/22 11:50
  • シティリビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます