GENERATIONS片寄涼太、初の著書が発売前重版決定 “封蝋”初挑戦の先行ページ解禁<ラウンドトリップ 往復書簡>

【モデルプレス=2021/10/22】GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太の初の著書「ラウンドトリップ 往復書簡」(10月29日発売)が予約殺到につき、発売前重版が決定。本書収録グラビアページの一部が先行公開された。

◆片寄涼太、初の著書「ラウンドトリップ 往復書簡」

GENERATIONSのボーカル片寄と、彼をデビュー前からよく知り、GENERATIONSはもちろん、様々なアーティストの作詞を手がける作詞家・小竹正人。同著は、二人の出会いや懐かしい出来事、それぞれの家族の話や恋愛観・結婚観まで、戦友のような二人が互いに宛てた書簡集。

コロナ禍で始まった、会えないからこその手紙のやりとり。「執筆は初めて」という片寄が、尊敬し、心から信頼する小竹に導かれ、時に悩みながら、日常で感じる素朴な喜びや率直な不安などを赤裸々に綴った。十年来の付き合いのある「戦友」が相手だから引き出せた、「素の片寄涼太」がたっぷり詰まった特別な一冊に。片寄の撮り下ろしグラビア16ページも収録している。

◆片寄涼太、「封蝋(ふうろう)」に初チャレンジ

本書では、片寄に中世ヨーロッパの時代から使用されていた手紙の封筒や文書に封をする「封蝋(ふうろう)」に初めてチャレンジした。今回は「結構難しい…」と言いながら蝋を垂らし、印を押す片寄の様子を収めたグラビアページの一部を先行公開。書籍にはこの4ページを含む、撮り下ろしグラビア16ページを収録している。

また、書籍発売を記念して、発売日の10月29日に「ヨセ FM」ラウンドトリップスペシャルの開催も予定。ハッシュタグ#ヨセと往復書簡として、今回の書籍にまつわる質問を募集する。※「ヨセ FM」とは、CL LIVE CASTまたは 公式Instagram(@ryota_katayose__official)にて配信している片寄の番組。

◆二人の「往復書簡」が始まった理由「片寄涼太には“情緒”がある」

片寄のデビューのきっかけとなった「EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 2」。当時まだ高校生だった片寄は、小竹とそのオーディションの打ち上げで出会った。そこから10年あまり、今では年齢差を超えて「戦友」のような関係となっている。

片寄の初めての写真集『グッバイ、ホワイト』では、小竹に言葉を寄せてもらうほど、深く信頼し合う二人。今回小竹が「往復書簡」の相手に片寄を指名した理由としては、そんな信頼もさることながら、何よりも、「片寄涼太には“情緒”がある」と感じたということ。対する片寄は、小竹に対して「僕を“丸裸”にしてくれる人」と綴っており、今回の「往復書簡」が実現した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/22 11:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます