日向坂46上村ひなの「何度でも何度でも」センター抜擢に「自分に言われているような…」

【モデルプレス=2021/10/22】日向坂46の上村ひなのが、22日発売の「アップトゥボーイ」vol.308の表紙巻頭に登場。最新シングル「ってか」のカップリング曲「何度でも何度でも」で初センターを務める心境を明かした。

◆上村ひなの「アップトゥボーイ」表紙

約1年ぶりの登場となる上村。最新シングル「ってか」のカップリング曲「何度でも何度でも」では初のセンターを務め、昨年より成長した姿を見せた。17歳になり少し大人っぽさを漂わせた表情と、彼女らしいほんわかした魅力の両面を16ページのロンググラビアに収めた。

制服姿では凛とした眼差しを、部屋着やワンピースなどではリラックスした姿や可愛らしくコミカルな様子を見せている。また、表紙だけではなく裏表紙もソロで、さらに両面ポスターも付いてくる上村の大フィーチャー号となっている。

また、インタビューで上村は、センターを務める楽曲について「センターと聞いたときはどう思った?」と聞かれると、「純粋にすごく嬉しかったです」と回答。「“何度間違ったって、何度挫けたっていいんだよ”っていう、まるで今の自分に言われているような…。思春期ってすごく急ぎがちになってしまうと思うんですけど、マイペースでいいよって言ってもらえてるような気持ちになりました」と心境を明かした。

◆佐々木久美&高橋未来虹、誌面に登場

そのほか、同じく日向坂46の佐々木久美が誌面を飾る。さらに、3期生より高橋未来虹(※「高」は正式には「はしごだか」)が同誌に初ソロで登場する。(modelpress編集部)

◆上村ひなのインタビュー抜粋

― 共通カップリング曲として収録されている「何度でも何度でも」では、ひなのちゃんが初のセンターを務めます。センターと聞いたときはどう思った?

純粋にすごく嬉しかったです。この曲は「第41回高校生クイズ」の応援ソングなんですけど、高校生の皆さんはもちろんのこと、幅広い世代の皆さんの背中を優しくそっと押すような楽曲になっています。

“何度間違ったって、何度挫けたっていいんだよ”っていう、まるで今の自分に言われているような…。思春期ってすごく急ぎがちになってしまうと思うんですけど、マイペースでいいよって言ってもらえてるような気持ちになりました。

― ひなのちゃん自身への応援歌でもあるような…。

そうですね。“早く成長しなくては”と、感じていたタイミングでこの曲を頂けて。そうか、もっと自分らしくマイペースで進んで行ってもいいんだって言ってもらえた気がしました。なので、センターっていうポジションはプレッシャーでもあるんですけど、リラックスして挑むことができました。今回また1つ殻を破れた気がします。


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/22 10:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます