食通デブが考える「旬のサンマを最高においしく食べる方法」

拡大画像を見る

―[モテるデブには理由がある]―

 こんにちは、日本のデブ諸氏の笑顔製造マシンとして日夜活動している「心もカラダもビッグサイズな男たち」のためのファッション&ライフスタイル情報を配信するウェブマガジン「Mr.Babe」編集長の倉科典仁です。

◆最後の晩餐にサンマしか食べられないとしたら…

 全国のデブ諸氏の皆さん、サンマを食べてますか? サンマがおいしい季節になってきましたね。

 この季節、全国のサンマ好きのビッグボディな方々は一匹では足りないので、大人買いで大量に買う方も私の周りには大勢いらっしゃるようです。

 もちろん、体型にかかわらずサンマ好きの方はたくさんいらっしゃると思いますが、先日、「Mr.Babe」のモデルさんたちの中でも特に食通の方たちとサンマ談義で盛り上がりました。

「最後の晩餐にサンマしか食べられないとしたら、どう料理して食べますか?」と聞いたところ、モデル全員が「やっぱりそうだよね!」と究極の食べ方が一致したお話しをしましょう。たぶん、皆さんも賛同すること間違いないと私は思いますが……。

◆星の数ほどあるサンマ料理の中でもデブは何を選ぶのか?

 一言で「サンマ」といっても料理の仕方はさまざま。

 刺し身、唐揚げ、チーズ焼き、締めサンマ、サンマ寿司、炊き込みご飯……。数え上げたらキリがありませんが、私を含めデブ業界ではやはり元祖といってもいい「サンマの塩焼き」が群を抜いて、人気NO.1なのです。

 これはデブ業界に限ったことではなく、もしかするとサンマ好きの日本人は誰もがそう思っているかもしれませんね。

 しかし、そこは味にうるさい食通のデブたち、食べ方にも焼き方にもこだわりを持っているのです。

◆「サンマの塩焼き」を最高においしく食べる方法

 まず、一般的にはサンマの塩焼きの場合、家のコンロでほどよく焼き、皿にもって食べますよね。しかし、食通デブにとってはNGなのです。

 もちろんその流れで食べてもおいしいことは間違いありませんが、その食べ方だと最初はホクホクでおいしいのですが、少し時間が立つと冷めてきて身が固くなってしまいます。せっかくの脂の乗ったサンマの味が半減です。

 食通デブによれば「やはりサンマは練炭の網の上に載せ、中火でじっくり焼き、遠赤外線効果で中までしっかり焼けたら、皿にもらず網の上からそのまま食べるのが最高です」とのこと。

◆内臓部分もよく焼くことで苦味とコクが広がる

 確かにそうすることによって、いつでもジュクジュク&ホクホク状態のサンマが食べられますよね。内臓部分もよく焼くことでいい感じの苦味とコクが出て、お酒にもぴったりな仕上がりになるのです。

 皮の部分もカリカリになり、サンマという食材のポテンシャルを120%まで引き上げてくれます。

 そうなれば、ほかには「白飯」以外には何もいりません。食通デブ的究極の「最後の晩餐メニュー」のでき上がりです。

◆おつまみにも、おやつにもなる「骨せんべい」

 しかし、それだけでは終わりません!

 おいしく頂いた身の下には骨がありますよね。それを根気強く焼いていくとパリパリな「骨せんべい」ももれなくできてしまうのです。

 お酒が大好きな方でなくても、お子さんでもおせんべい感覚でおいしく食べられ、カルシウムも摂取できるという、なんとも嬉しい話ではありませんか。

◆頭以外はすべておいしくいただく

 食を愛し、食材を愛する食通デブにとって、頭以外はすべて食べることがサンマに対しての感謝と愛につながると言っても過言ではないでしょう。

 オーバーな言い方だと思う方もいらっしゃるかもしてませんが、これが日本のフードロス問題を少しでも解決できるとすればまさに「デブ万歳! 愛食あっぱれ!」ではないでしょうか。

 少々話が大きくなってしまいましたが、あなたなら「サンマ」どうやって食べますか?

―[モテるデブには理由がある]―

【倉科典仁】
渋谷系ファッション雑誌『MEN’S KNUCKLE』や暴走族雑誌『ティーンズロード』などエッジの効いた若者カルチャーをテーマにした雑誌を多数手掛ける。現在はウェブマガジン『Mr.babe』でデブに特化したファッション&ライフスタイル情報を毎日配信中。2019年9月よりデブ限定の会員制オンラインサロン「Mr.babe BIG MAN’s LABO」を開設。大きな男たちだけで日本の経済を向上させるべく奮闘中(Twitterアカウント:@nori09140914)

関連リンク

  • 10/22 8:53
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます