底辺男子とカリスマ男子の恋...萩原利久&八木勇征W主演ドラマ 追加キャストが決定

拡大画像を見る

BLアワード2015で第1位を獲得した大ヒット小説『美しい彼』は、『流浪の月』で本屋大賞2020を受賞した小説家・凪良ゆうのBL代表作。先日W主演のキャストが発表されると「実写版のビジュアルが原作とぴったり!」「嬉しすぎる…」「美しい彼の2人が良すぎて泣けてきた」といった歓喜の声がSNSを賑わせたが、このほど、脇を固める追加キャストも一斉解禁となった。



 物語の主人公は、思うように言葉を発せない「吃音症」を持ち、幼い頃から周囲に馴染めず“ぼっち”を極めていた高校3年生平良一成(萩原利久)と、学校のカースト頂点に君臨する圧倒的カリスマ・清居奏(八木勇征)。高3の春、クラス替えの自己紹介で緊張のあまり吃音が出てしまった平良は、クラスで透明人間のように扱われ、清居らのグループからパシリにされてしまう。しかし、平良はむしろそれを嬉しく思っていた。なぜなら…清居を一目見た瞬間からその美しさに惹かれ、いつの間にか恋に堕ちていたからだった―。クールで美しい清居のことを王(キング)と崇拝し、昼食の調達で使いっぱしりとされるも忠誠を尽くす平良。この感情は、憧れなのか、何なのか―。自分の気持ちが整理できずにいたが、クラス内で力関係が変わるある出来事が起こり、それをきっかけに、二人の関係は急展開を迎える。



高校・大学と、青春期を繊細に描いた本作。「大学編」に登場する小山和希(こやま・かずき)役には、ダンス&ボーカルユニットDream5として活動した後、映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』やミュージカル『ROCK MUSICAL BLEACH』などで多岐にわたり活躍する高野洸(たかのあきら)が決定。平良と同じ大学の写真サークルに所属し、ひそかに平良に想いを寄せる小山の登場で揺れ動くストーリー展開に注目だ。


「高校編」にクラスメイトとして登場する、平良をパシる清居のグループの裏ボス・城田(しろた)役には、ドラマ『エール』などに出演した注目の若手俳優・坪根悠仁(つぼねゆうと)が決定。同じく清居のグループのメンバーで、クラスのおちゃらけ担当の三木(みき)役には、ドラマ『生徒が人生をやり直せる学校』や『メンズ校』などで注目を集める俳優・櫻井健人(さくらいけんと)が決定。クラス女子の中心的存在で小悪魔ガールな桃(もも)役には、映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』でヒロイン役をつとめた注目度急上昇中の女優・桃果(ももか)。桃と仲が良い、クラスのマドンナ美女・志麻(しま)役には、ドラマ・映画『ホリミヤ』などに出演し、女優として活躍の場を広げている、マーシュ彩が決定。おとなしく控えめなマジメ女子・倉田(くらた)役には、映画『書くが、まま』で初出演・初主演を果たし、週刊誌の表紙などを務める女優・中村守里(なかむらしゅり)が決定。


底辺“ぼっち”な男子高生と、学校の中心で美しくカリスマ的魅力を持った対極な男子高生二人の、分不相応な恋心の行方は。“青春の爽やかさ・儚さ・切なさ”に共感し、「性」の概念を超えて、もどかしくも、キュンとするストーリー展開が楽しみ。月日が経過し、高校・大学と年を重ねる2人の心情の変化、そして小山をはじめとした、追加キャストとの関係性にも要注目だ。



<高野洸(小山和希役)コメント>

学生時代を辿りながら、簡単にはバラしたくない恋愛がひっそり潜んでいる事実にハラハラドキドキしました。多様性が認められる時代になって、気持ちが晴れた方は沢山いると思います。そんな中、僕もこのようなテーマの作品に携わることができて嬉しいです。"みんな違ってみんな良い"ことを改めて気付かされる作品です。小説原作ですが、役作りをした上で僕なりの個性を出せれば良いなと思います。



■「美しい彼」
2021年11月18日(木)初回放送スタート
原作:凪良ゆう『美しい彼』(徳間書店 キャラ文庫刊)
出演:萩原利久、八木勇征、高野洸、坪根悠仁、櫻井健人、桃果、マーシュ彩、中村守里

(C)「美しい彼」製作委員会・MBS

関連リンク

  • 10/22 7:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます