角盈男、「2年目のサイドスロー転向」を後押しした長嶋監督の“男気溢れる言葉”!

拡大画像を見る

 主に巨人で活躍した元プロ野球選手の角盈男氏と言えば、左腕から放たれる独特なサイドスローだろう。1978年には5勝7セーブで新人王を獲得。81年には、20セーブで最優秀救援投手のタイトルにも輝いているのだ。

 しかし、デビュー当時の角氏はオーバースローだったことは意外と知られていないのではないか。2年目の79年には2勝5敗6セーブを挙げるも、制球力の課題があったのだ。

 その角氏が、主に広島カープで活躍した元プロ野球選手、高橋慶彦氏のYouTubeチャンネル〈カープよしひこチャンネル〉に出演。サイドスロー転向のいきさつを、当時の長嶋茂雄監督の言葉とともに振り返った(9月30日付投稿回)。

 その動画によると、79年シーズンオフの秋、その過酷な練習量から「地獄のキャンプ」と語り継がれている巨人「伊東キャンプ」は、当時、V9選手のレギュラーがいなくなったことから、長嶋監督の「レギュラーは与えられるものじゃない。奪い取るものだ!」との奮起を促す言葉で始まったという。

 制球力を補うべく、コーチと相談した上で、サイドスロー転向を決めた角氏。しかし、オーバースローの時には「どこを向いているかわからない」と批判を浴びたが、今度は「もったいない」と、仲間内から猛反対。

 頭を抱えたコーチが長嶋監督に相談したところ、「うん、いいんじゃないの、どうぞどうぞ。僕が責任を取ります」と快諾。めでたく、巨人の救世主誕生となったわけである。

 欠点をみずから補い、反対意見にも真っ向勝負の角氏。レジェンドたるユエンを教わるとともに、長嶋監督の“男気”も感じさせる見応えのある秘話公開であった。

(ユーチューブライター・所ひで)

関連リンク

  • 10/22 5:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます