【菊花賞 枠順データ分析】一概に外枠不利とは言えないまでも、穴は内枠から出ている

拡大画像を見る

 24日に阪神競馬場で行われる菊花賞(3歳・牡牝・GI・芝3000m)について枠順・馬番別に検証していく。なお、今年は開催日割の変更に伴い阪神芝3000mで施行される。阪神芝の内回りコースにおける傾向を推し量るため、2020年以降の阪神芝2000m・阪神芝2200m・阪神芝3000mを集計対象とした。

 参考までに枠順による成績を比較すると下記の通り。

1枠 9-13-14-87/123 複勝率29.3% 複勝回収率75%
2枠 9-10-10-97/126 複勝率23.0% 複勝回収率85%
3枠 14-10-11-95/130 複勝率26.9% 複勝回収率81%
4枠 9-8-12-107/136 複勝率21.3% 複勝回収率75%
5枠 12-13-9-113/147 複勝率23.1% 複勝回収率58%
6枠 22-10-17-109/158 複勝率31.0% 複勝回収率75%
7枠 12-25-18-119/174 複勝率31.6% 複勝回収率87%
8枠 14-10-9-153/186 複勝率17.7% 複勝回収率38%

【フルゲート時】
1枠 3-3-3-33/42 複勝率21.4% 複勝回収率59%
2枠 2-2-3-35/42 複勝率16.7% 複勝回収率136%
3枠 3-1-2-36/42 複勝率14.3% 複勝回収率124%
4枠 1-2-3-36/42 複勝率14.3% 複勝回収率44%
5枠 0-3-2-37/42 複勝率11.9% 複勝回収率57%
6枠 5-4-3-30/42 複勝率28.6% 複勝回収率76%
7枠 3-6-4-34/47 複勝率27.7% 複勝回収率85%
8枠 4-0-1-42/47 複勝率10.6% 複勝回収率23%

1〜4枠 9-8-11-140/168 複勝率16.7% 複勝回収率91%
5〜8枠 12-13-10-143/178 複勝率19.7% 複勝回収率60%

 8枠の成績は明らかに落ち込んでいるものの、6枠7枠はともに複勝率が30%を超えている。この数字からは際立った特徴を読み取ることは難しい。

 芝の中長距離戦は少頭数で行われることも少なくないが、今年の菊花賞はフルゲート想定。そこで、フルゲート時に絞った枠順別成績をみてみよう。複勝率は5〜8枠が1〜4枠を上回っており、少なくとも外枠=ノーチャンスとはならない。ただ、複勝回収率は1〜4枠が91%と5〜8枠を大きく上回っている。穴馬、つまり少し能力的に足りないと目される馬に関しては、やはり距離ロスを抑えられる内枠がベターということか。

 ちなみに、フルゲート時、8枠から勝利した4頭はレイオブウォーター(未勝利戦・2番人気)、ラッキーライラック(エリザベス女王杯・1番人気)、クロノジェネシス(宝塚記念・2番人気)、ウィズダイヤモンド(未勝利戦・2番人気)だった。

関連リンク

  • 10/21 18:33
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます