【次走】コパノキッキングはJBCスプリント回避 来年のサウジ連覇を目標

拡大画像を見る

 6日の東京盃(JpnII)で4着だったコパノキッキング(セ6、栗東・村山明厩舎)は、右前の球節炎を発症していたことが明らかになった。

 目標にしていたJBCスプリント(3歳上、JpnI・ダート1400m)には登録せず、来年のサウジアラビアで行われるリヤドダートスプリント(日程未発表)連覇を目標にする。鞍上は未定。

 村山師は「使おうと思えば使えましたが、無理せず休ませます。コーナー4つですしね」とコメントした。

 コパノキッキングは父Spring At Last、母セラドン、その父ゴールドヘイローという血統の米国産馬。通算成績は24戦10勝。

関連リンク

  • 10/21 17:33
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます