CL欠席のバイエルン指揮官が新型コロナ陽性…ワクチン接種済み

拡大画像を見る

 バイエルンは21日、ユリアン・ナーゲルスマン監督の新型コロナウイルス陽性をクラブ公式サイトで発表した。

 ナーゲルスマン監督は20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループE第3節ベンフィカ戦に帯同していたが、「インフルエンザに似た症状」があったため、ベンチに座っていなかった。同試合ではアシスタントコーチのディノ・トップメーラー氏とクサヴァー・ツェムブロト氏が指揮をとり、敵地で4-0の快勝を収めている。

 バイエルンの発表によると、陽性と診断されたナーゲルスマン監督は個別にミュンヘンへと戻り、隔離を開始したようだ。なお、ナーゲルスマン監督は新型コロナウイルスのワクチンを「完全に」接種済みだという。

 ブンデスリーガで6勝1分1敗の首位に立つバイエルンは、23日の第9節でホッフェンハイムと対戦する。

関連リンク

  • 10/21 19:25
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます