最新のFIFAランキング発表…最終予選で2敗目の日本代表は28位に後退

拡大画像を見る

 国際サッカー連盟(FIFA)は21日、最新のFIFAランキングを発表した。

 日本代表はFIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選でサウジアラビア代表に敗れたことが響き、前回よりもさら順位を落として28位に後退。イラン代表が22位でアジアトップを維持している。

 また、UEFAネーションズリーグで優勝したフランス代表は3位に順位を上げ、同大会で3位になったイタリア代表は4位に浮上。ネーションズリーグで2連敗したベルギー代表は首位を維持したものの、2位ブラジル代表にポイントを詰められている。

 最新のFIFAランキング・トップ30は以下の通り。

1位 ベルギー
2位 ブラジル
3位 フランス(△)
4位 イタリア(△)
5位 イングランド(▼)
6位 アルゼンチン
7位 スペイン(△)
8位 ポルトガル(▼)
9位 メキシコ
10位 デンマーク
11位 オランダ
12位 ドイツ(△)
13位 アメリカ
14位 スイス(△)
15位 ウルグアイ(▼)
16位 コロンビア
17位 スウェーデン(△)
18位 クロアチア(▼)
19位 ウェールズ
20位 セネガル
21位 チリ(△)
22位 イラン
23位 ポーランド(△)
24位 ペルー(▼)
25位 セルビア(△)
26位 ウクライナ(△)
27位 チュニジア(▼)
28位 日本(▼)
29位 モロッコ(△)
30位 アルジェリア

関連リンク

  • 10/21 17:36
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます