いよいよPCR検査 緊張のせいで唾液が出ず苦戦…!【幼稚園でコロナ陽性者が出た話 Vol.14】

※2020年の秋頃のお話です。時期や地域、ウイルスの種類によって対応が異なる場合があり、すべてのケースに当てはまるものではありません。感染した際は各自治体のルールに基づいて行動してください。■前回のあらすじ
先生によると、自分の感染を疑って心を病む患者が多いとのこと。そこで不安な患者には検査をしているそうで、私も受けた方がいいと診断されたのでした。

■レントゲン撮影でわかったこと






■いよいよPCR検査だけど…




レントゲン結果から、肺炎の兆候は見られないとのこと。

そして、いよいよ唾液でのPCR検査。喉がカラカラになってしまい唾液が出ず、地味に大変でした。

検査終了後、次の日の朝結果が出ると告げられ、また一段と緊張が高まるのでした。

※本記事はあくまで筆者の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。
※この体験記の時期とは、ウイルスの種類や感染力も変化している可能性があります。最新のウイルスの情報や、感染予防対策をご確認ください。参考:新型コロナウイルス感染症について/厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/21 17:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます