【富士S 血統データ分析】馬券妙味も見込めるディープインパクト

拡大画像を見る

 23日に東京競馬場で行われる富士S(3歳上・GII・芝1600m)について血統・種牡馬別に検証していく。

 過去10年で最多となる12回の馬券絡みがディープインパクト。次点で3回のキングカメハメハ、フジキセキが続き、2回がキングヘイローとなっている。

 ディープインパクト産駒は[4-4-4-10]。産駒が初出走となった12年以降、3着以内に好走馬を送り出せなかった年は17年の一度しかなく、複勝率は54.5%というハイアベレージを記録している。また、複勝回収率は147%と馬券妙味も申し分なく、昨年も5人気ヴァンドギャルドが勝ち、3着にも6人気ケイアイノーテックが入線していた。今年はアルジャンナ、ワグネリアンの2頭が出走予定。

 上位人気と目されるソングラインほか、バスラットレオンは初出走となるキズナ産駒。同産駒は東京芝1600mで[4-5-1-35]複勝率22.2%という成績を残しているが、特別戦では[0-2-0-11]とまだ勝利例がない。ただし、前記ソングラインは当該コースで行われた21年NHKマイルカップでハナ差2着の惜敗だったため、特別戦初勝利が重賞となっても何ら不思議はないだろう。

 同じく初出走となるジャスタウェイ産駒はダノンザキッドが上位人気を担う。同産駒は東京芝1600mの成績が[3-2-2-47]複勝率13.0%と強調しづらい印象を否めないが、リステッドの20年キャピタルSではロードマイウェイが上がり3F最速となる末脚を駆使して2着に好走していた。なお、父系祖父ハーツクライは18年の勝ち馬ロジクライを出している。

 リアルインパクト産駒は[0-1-0-0]。産駒初出走となった昨年は3人気ラウダシオンが2着に好走。同産駒は東京芝1600mで[5-7-5-25]複勝率40.5%と好走率が非常に高く、当該コースでは連対率および複勝率でディープインパクトを上回ることにも注目したい。今年は昨年に続いてラウダシオンが出走予定。

関連リンク

  • 10/21 12:50
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます