福原遥が“常に笑顔でいることを忘れない”理由 悩める学生にアドバイス<アイの歌声を聴かせて>

【モデルプレス=2021/10/21】女優の福原遥が21日、都内にて、声優を担当するアニメーション映画『アイの歌声を聴かせて』(10月29日公開)の公開直前特別授業イベントに、共演の工藤阿須加、カズレーザー(メイプル超合金)と共に出席し、悩みを持つ学生たちにアドバイスを送った。

◆福原遥、悩める学生たちへアドバイス

イベントでは、登壇者たちが、学生たちからの質問に答える企画が行われた。

来年社会人になるという大学4年生から、「社会人として意識していること」を尋ねられると、福原は「私も小さなころは、このお仕事を習い事感覚でやっていた部分があったりして、20歳くらいになってから、『この道で行こう』と決めたのですが、やはり、自分がやっているお仕事にしっかり責任感を持ちながらやることを意識しているかもしれないです」と、体験を交えて自身の仕事への向き合い方を紹介。

また、患者とのコミュニケーションが不安という看護学生から、「人とのコミュニケーションで大切にしていることを教えてください」とリクエストされると、福原は「私は、常に笑顔でいることを忘れないようにしています。人見知りとかで話せなくても、とにかく笑顔でいたら、たぶん、相手の方も話しやすかったりすると思うので、笑顔でいること」といい、「あと、あいさつを明るく。元気に目を見てあいさつをすることができていたら、たぶん、徐々に患者さんとも…」などアドバイスを送った。

◆映画「アイの歌声を聴かせて」

同作は、ポンコツ“AI”とクラスメイトが織りなす、爽やかな友情と絆に包まれたエンターテインメント・ストーリー。

女優の土屋太鳳が転校生で実は試験中のAI・シオンを演じ、福原はヒロインのサトミ役を演じる。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/21 14:29
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます