私のことちゃんと好き?【愛情表現】が薄い男性の本音って?

拡大画像を見る


付き合っていながらも愛情表現があまりなく、彼は私のことが好きなのだろうか?と不安に押しつぶされそうになることはよくあることです。
しかし、だからといって彼が彼女の事を何もおもっていないわけではないのです。
では、何故愛情表現が薄いのかお伝えします。


ポーカーフェイス

もともと表情が表れにくい男性もいます。喜んでいても相手に伝わりにくい彼ならば、愛情表現をしているつもりが顔にでない為伝わらないという人もいます。
感情をオモテに出しにくい人は尚更、愛情を持って接していても自分がポーカーフェイスであると分からないことが多いのです。
彼は彼で大事に思ってくれていますし、表情がかわはなくても自分の事を考えているのです。


愛情表現が苦手

愛情表現が苦手という男性はよくいます。女性とは違い、言葉を活用することが苦手なのがりゆうとしてあげられます。

愛情表現があるとないとでは、女性側のモチベーションがかわってきますが、男性だって女性に喜んでもらいたい、気持ちを伝えたいという思いがあるのです。
彼が愛情表現が下手なのだと理解してあげることによって仕方ないなと彼女も軽く考えることができますし、お互いの関係もより良いものへと変化していくはずです。


照れる

愛情表現をすることによって、照れてしまうまたは、恥ずかしさからいうことができないといいます。彼女が喜んでくれる事を理解しながらもやはり恥ずかしいという感情はなかなか抜けないからです。

大好きな彼女にもっと好きと思われたい感情は、言って当たり前ですがやはり心が行動をストップしてしまうようです。
照れているから言えないのだと考え、彼の行動に仕方ないと割り切ることも大事なのかもしれないです。


わかってくれていると思う

彼女に対してわざわざ言葉を発しなくてもわかってくれているものと考えている人もいます。実際にはなかなか伝えることができなかったりしますが、付き合っているのだから気持ちを理解してくれて当然と思うようです。
男性はどこか言葉にださなくても理解していると思う部分があり、女性のわかっていても言って欲しいと思うのは男性にとって理解ができないことになるようです。


まとめ

彼から愛情表現がないと好きとわかっていながらも不安に感じてしまいます。
そうならないためにも彼に気持ちを伝えてあげることで、彼から欲しかった愛情表現を得ることができるかもしれません。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/21 12:31
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます