Travis Japanの「危機」加速!?「11・12デビュー」なにわ男子に抜かれ、舞台『ヒプノシスマイク』は“辞めJ”集結「同窓会」状態…ジャニーズ所属メリット「ゼロ」?

拡大画像を見る

 来年1月から2月にかけて上演される舞台「『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』 Rule the Stage -track.5-」のキャスト及び公演の詳細が10月20日に発表された。

 今作は前作に引き続き、高野洸(24)、7ORDERの阿部顕嵐(24)、鮎川太陽(30)に加え、同じく7ORDERの安井謙太郎(30)がメインキャストに抜擢された。

『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』とは、男性声優史上初のラップ音楽CD企画。男性声優18人がキャラクターに扮してラップを歌う“ラップバトルプロジェクト”だ。

「声優×ラップ」という今まで交わることのなかったジャンルを融合させた新プロジェクトで、2017年9月にスタートした当初はYouTubeにミュージックビデオが公開されているだけのコンテンツだった。

 それがSNSを介して徐々に知名度を上げ、2018年7月発売の『Fling Posse VS 麻天狼』はオリコンのデジタルアルバムランキングで1位、CDアルバムランキング3位を獲得するほどの人気に。

「『ヒプノシスマイク』、通称“ヒプマイ”は今やアニメや声優の垣根を超え、アニソン業界のみならず、音楽業界からも注目を集める超ヒットコンテンツになりました。そのヒプマイを原案とした2.5次元舞台、通称“ヒプステ”の詳細が発表されたわけです。

 ただ、メインキャストの4人のうち3人が元ジャニーズということにジャニーズファン、ヒプマイファンからは賛否の声が上がっています」(女性誌ライター)

■「ヒプマイもはやジャニーズの天下りじゃん」

 人気グループ・7ORDERとして活動する阿部と安井はかつて、ジャニーズJr.内ユニットでもトップクラスの人気を誇ったLove-tuneとして活動。しかし、契約書問題がきっかけとなり2018年11月にLove-tuneのメンバー7人全員がジャニーズ事務所を退所。

 その後、2019年5月に7人のうち1人も欠けることなく再集結し、7ORDER projectとして始動することが発表され、今年1月13日には7ORDERとしてファーストアルバムをリリースしてメジャーデビュー。同日に日本武道館で記念ライブが行ない、華々しいデビューを果たした。

 また、前作から『ヒプステ』に出演している鮎川も元ジャニーズJr.内ユニット・Ya-Ya-yahのメンバーとして人気を博したが、2004年に事務所を退所。以降は、舞台を中心に俳優として活動している。

 辞めジャニの『ヒプステ』抜擢に、SNSには「辞めジュが底力見せるのめちゃくちゃ興奮する。ステージしか勝たん」「ヒプマイwww 声出して笑った ジャニーズ同窓会?」「ヒプマイ4人中3人元ジャニーズJr.とか死ねる」といった喜びの声が上がっている。

 一方で「ヒプマイのメインキャスト3人中4人元ジャニーズってどうなってんの……見る目なすぎじゃん」「ヒプマイもはやジャニーズの天下りじゃんwww」といった声もある。

■後輩・なにわ男子がデビュー&Jr.「22歳定年制度」の導入で……

 前出の女性誌ライターが続ける。

「こうなってくると厳しくなってくるのがジャニーズJr.内ユニットのTravis Japan(トラジャ)ですよね。

 彼らは高い人気を誇っていますが、同世代のSnow Man、SixTONESがCDデビューする中、いまだにデビューできていません。さらにはだいぶ後輩のなにわ男子にも先を越されてしまいました」

 関西ジャニーズJr.のなにわ男子は11月12日に『初心LOVE(うぶらぶ)』でCDデビューすることが発表されている。

「7ORDERもトラジャと同世代で両グループは切磋琢磨してきました。かねてより、7ORDERにデビューで先を越されたことで、トラジャメンバーに焦りが生まれているという報道もありました。加えて、超人気コンテンツの『ヒプマイ』に辞めジャニが続々と抜擢されているわけです。

 さらに2023年3月にはジャニーズJr.に『22歳定年制度』が導入されることも明らかになっています。辞めジャニの活躍が目立つ中、デビューできないままジャニーズ事務所に居続けることは、芸能人生を考えた際、もはやメリットよりデメリットのほうが大きくなってきてしまうのかもしれませんね……」(前同)

 辞めジャニ、後輩・なにわ男子にも先を越されたトラジャだが、デビューの日はいつになるのだろうか!?

関連リンク

  • 10/21 12:05
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます