2021年『オリオン座流星群』がいよいよ! 見頃や探し方をチェックしよう

拡大画像を見る

中央に明るい星が3つ並んでいるのが特徴的な、オリオン座

冬の大三角形の1つである1等星のベテルギウスを含んでいるため、天体に詳しくない人でも見つけやすい星座です。

そんなオリオン座の近くが放射点となるオリオン座流星群が、2021年も天体ショーを繰り広げます。

2021年のオリオン座流星群をチェックしよう!

毎年、10月中旬~下旬に極大を迎えるオリオン座流星群。

国立天文台によると、2021年は10月21日の夜が見頃なのだとか!

※画像はイメージ

オリオン座流星群の流れ星は比較的明るく、見やすいものばかり。放射点を探す時は、オリオン座のこん棒の部分を目安にしてみてください。

今回の流星群は月明りの影響を受けやすいとのことですが、夜空に雲が少なければ流れ星を観測することができるでしょう。

2021年は10月から一気に気温が下がっています。観測する際は、身体を冷やさないようにしてくださいね。

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 10/21 11:47
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます