これって脈あり?両想いの場合の男性の態度とは

拡大画像を見る


大好きな彼が脈ありなのか、はたまた自分と両想いなのかを知るために、男性が好きな人にはどんな態度をするのか知りたいところです。


自分なら好きな人にはこういう態度をすると自分に置き換えて考えても無駄です。

男性と女性とでは好きな人に対してとる態度は明らかに違うからです。


そこで今回はこれって脈あり?両想いの場合の男性の態度とは等の情報を見ていきます



話をする時の姿勢

脈あり男性があなたと話す時、距離はある程度離れているものの、体の向きは完全にあなたの方に向いていると両想いの可能性があります。
男性は好きな人との距離感は近付きたいと思ってはいても、実際には緊張もあって近付くことは出来ません。
ですが、あなたのことを好きなのであなたの話しに対して非常に興味を持つものです。そのため、体の向きが完全にあなたの方になるのです。
あなたの話しは全て聞き逃したくないという思いの現れでもあります。


暑いといって汗をかく

好きな相手と会ったり、話したりすることは緊張を伴うものです。そのため、脈あり男性はそれほど暑くもないのに、暑がって手で扇いだり、汗をじんわりかいてきたりします。
脈ありどころか、両想いになるほど女性のことが好きな時、男性の緊張はMAXに達するものです。女性の場合は緊張したとしてもそこまで汗をかいたりしませんが、男性は汗をケースが多いのです。
もちろん、実際に暑い場合は参考にあまりなりませんが、熱くない場合には確実に脈ありだと考えても良いでしょう。


見つめている

脈あり男性は好きな女性のことを見つめていることが非常に多いと言えます。視線を感じて見てみると大抵目が合う相手というのはあなたのことが好きだと考えられます。何度も目が合う場合は、それだけずっとあなたのことを見つめている証拠と言えます。
両想いの男性は見つめていることが多いのですが、実際に目が合うとすぐに逸らすことが少なくありません。また、話す時にジッと見つめてくる男性も脈ありだと見て良いでしょう。好きな人を前にして緊張もあるのですが、それでも吸い込まれるように好きな女性の目から視線を外すことが出来ないものです。
こうしてジッと自分を見つめている男性は両想いである可能性は高いと言えます。


まとめ

今回はこれって脈あり?両想いの場合の男性の態度とは等の情報を見てきました。好きな男性が脈ありなのか、両想いになれるのかを知るのは付き合う上でも大事なことです。もし、男性が告白してこない場合は、自分で告白するケースも出てくるからです。どうしても交際したい男性だった場合、いつまでも受身ではいられないものです。
告白して簡単に玉砕するのは辛いものですから、告白前に相手の気持ちをある程度知ることが出来ると自信を持てるので、その確信が告白のために背中を押してくれるものです。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 10/21 11:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます