「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?

拡大画像を見る

 10月19日に放送された清野菜名主演のテレビドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」(TBS系)第1話の視聴率が9.4%だったことがわかった。同ドラマは今回、まずまずの数字を記録したという。

「TBS火曜ドラマの初回視聴率は今年、『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』が11.4%、『プロミス・シンデレラ』が7.9%、『着飾る恋には理由があって』が9.1%を記録。今回の『婚姻届に─』はその中でも2番目に高い数字を記録しました。メインキャストの1人である坂口健太郎は現在、朝ドラ出演で注目度が高まっており、それが視聴率にも反映されたのでしょう」(テレビ誌記者)

 そんな「婚姻届に─」は他にも、清野演じる主人公が勤めるデザイン会社の同僚役に中川翔子、坂口演じるサラリーマンが密かに想いを寄せる義理の姉役を倉科カナが演じている。中川、倉科といえば、中川は先日、水着姿を披露したYouTube動画が1000万再生を突破し、倉科も「an・an」での推定Fバスト見せ写真が大きな話題に。

 それだけに男性視聴者からは、彼女たちの活躍に期待が集まった一方、別の若手女優も注目されたという。

「ドラマを見た視聴者の間で、主人公の同僚役で出演していた19歳の若手女優・長見玲亜が“艶っぽい”と注目を集めました。まず冒頭、社員たちが集まって食事する場面で長見は、バストが強調されたニット素材の衣装で登場。さらに中盤、会社から帰宅する際は、歩いてるだけでバストが“ユッサユッサ”と揺れる姿も映り込んだのです。これには視聴者の間で、『完全に揺れてる!』『あのスタイルが良い女優は誰?』といった声が飛び交っています」(前出・テレビ誌記者)

 中川や倉科の艶っぽい場面は控えめだった「婚姻届に─」の第1話。だが、今後、2人や若手女優の出番が増えていくにつれ、さらにネットが沸くこととなるかもしれない。

関連リンク

  • 10/21 10:20
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます