上沼恵美子の「YouTuber転身発言」にハラハラしている”次なる標的“

拡大画像を見る

「私そろそろ仕事辞めようと思ってるんですよ。だってすることないもん。出し尽くしたから。ユーチューブやろかな思って。これはもう皆さんよろしくお願いします」

 タレントの上沼恵美子が17日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」に出演し、こう爆弾発言したことが波紋を広げている。

 在阪のテレビ関係者が語る。

「コロナ禍の影響で、27年目を迎えた『おしゃべりクッキング』もスタジオにゲストを呼べなくなり、『クギズケ!』やパーソナリティーを務めるABCラジオの『上沼恵美子のこころ晴天』も、アクリル板を挟まないとトークできなくなったことで、上沼は『間がどうしても狂ってしまう。ほんまやりにくいわ』とスタッフにずっと不満を漏らしていました。そんな中、昨年7月には25年間続いた『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)が改編期から2カ月も前倒しで終了。これが、決定打となって去年は本気ですべての番組を降板し、芸能界引退も考えていたようです」

 だが、関西では絶大な人気を誇る上沼。支持してくれるファンからの「まだまだ幕を下ろすなんて早すぎます」「辞めないで」という声もあり、最近では心機一転「言葉が出なくなるまでもう少し頑張りたい!」と語っていたとも伝えられていたが……。

 番組のなかで、「(テレビでは)しゃべれない話がいっぱいあるじゃないですか」と語る上沼に、パネリストのFUJIWARA・藤本敏史が「ユーチューブ絶対あってると思います。ちょっと攻めたこともしゃべれる」と相づちを打つと、「そうよ。嫌いなタレントを並べるとかそういうことも……たまにはします。そんなことはしませんで!そんな汚いユーチューブじゃない」とかわしたものの、早速ネット上には期待の声があふれた。

《上沼さんのイニシャルトークにイライラした事もある。YouTubeで嫌いな芸能人の話をガンガンしてくれたら絶対観るわ!》《YouTubeのほうがスポンサーとかに気を遣わず好きなこと喋れるし。料理も上手なのでぜひやってほしい、チャンネル登録します》《テレビでは出し尽くしたかもしれませんが、動画ならまだ色々と面白い話聞けそう》という好意的なものから、《YouTubeでも人の悪口はどうかなぁ?》《うわ、いやだ、今度はYouTubeで血祭りにあげられる芸能人が増えるってこと?観たくないわ》《(やめれば)喜ぶ女芸人、いっぱいいると思うよ。上沼が嫌いなタレントの数十倍 上沼を嫌いなタレント、山程いるから》といった批判的なコメントも。

 前出のテレビ関係者が語る。

「上沼自身、ネタで『大阪の番組のプロデューサーは【えみちゃんの嫌いリスト】を持っている』と口にしていますが、好き嫌いの激しい彼女に対し、テレビ局側が共演NGを把握しているのは事実。かつて『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で水道橋博士がこのNGリストについて触れ、『(ビート)たけしさんも呼ばれないし、(島田洋七)師匠も呼ばれない』と告白。司会の島田洋七が『要するに、お笑い芸人の先輩とか、ようしゃべる人は自分の商売上、呼ばないね。自分がしゃべりやすい人ばっかり(周りに)置くのよ』と語り、話題になったこともあります。ただ、『悪口トーク』は受け手がいて盛り上げてくれるから面白いもので、例えば独り語りのYouTubeであれば、必要以上にどぎつくなる危険もはらんでいます。彼女のYouTuber転身が本気なら、何を言われるかハラハラしているテレビ関係者もいるのでは? 今度は誰が標的になるのか、トークの行方が楽しみですね」

 業界関係者も注目する関西の女帝・上沼恵美子、今後の行方とは。

(灯倫太郎)

関連リンク

  • 10/21 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます