合コンで無理にお酒をすすめられたときのカワイイ断り方9パターン

「お酒の場の雰囲気は好きだけど、実はあんまり飲めなくて…」。そんな方はカワイイお酒の断り方を身につけるといいかもしれません。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんに、オススメの「合コンで無理にお酒をすすめられたときのカワイイ断り方」を紹介してもらいました。

【1】「今日すごく楽しいから、飲みすぎて覚えてないとかイヤだもん」とぶりっ子する。
「一緒にいた子が使ってて、女の自分が見ても『カワイイ…』と思った」(20代女性)というように、ただ断るだけでなく男性を「キュン」とさせることもできそうです。男性の耳元でささやけば、女性陣からの反感を買う心配もありません。

【2】「すぐ顔が赤くなって恥ずかしいの」とお酒に弱いことをアピールする。
「紳士的な男性ならそれ以上すすめないはず」(20代女性)というように、ストレートに伝えれば、多くの男性は理解してくれるでしょう。「せっかくなのにゴメンね」と、感謝の気持ちを添えるとよりいいかもしれません。

【3】「私はソフトドリンクでも酔えるの」と雰囲気に酔えることをアピールする。
「お酒を飲まなくても楽しいことをアピールすればOK」(20代女性)というように、お酒がなくても酔えるとアピールするのもよさそうです。雰囲気を楽しんでいることが伝わるよう、テンションを高めにして断るといいでしょう。

【4】「私が飲めない分、○○さん飲んでください!」と男性にお酒を注ぐ。
「注がれる前に、注ぐべし!」(20代女性)というように、すすめてきた男性のグラスにお酒を注いでしまうのもいいかもしれません。男性の飲みっぷりを褒めれば、気分を良くしてくれるでしょう。

【5】「私はみんなの介抱役なので…」としっかり者をアピールする。
「全員酔っぱらったら大変だし、マジメな人に好かれたいし(笑)」(20代女性)というように、面倒見がいいところをアピールしつつ断る人もいます。傍らにずっとソフトドリンクを置いておけば、介抱役に徹する決意が伝わりやすいでしょう。

【6】「飲むの手伝ってもらえますか?」と男性に一緒に飲んでもらう。
「何気に2人の共同作業っぽい。ま、ほとんど飲んでもらいますけど」(20代女性)というように、「手伝って」とお願いしてみるのもいいかもしれません。お酒に強い男性のプライドをくすぐることもできそうです。

【7】「じゃあ、オレンジジュースをロックで!」とウケを狙う。
「その場の雰囲気に合わせて、ノリ良く言うのがコツ」(30代女性)というように、笑いをとりにいく女性もいます。あからさまに男性のすすめを断るわけではないので、気分良く冗談に付き合ってもらえそうです。

【8】「2人だけのときに、ゆっくり飲もうよ」とさりげなくデートに誘う。
「気があるとわかれば、やさしくしてくれるでしょ?」(20代女性)というように、「2人きりで飲もう」とデートに誘ってしまうのもいいかもしれません。周りに聞こえないようにこっそり伝えると2人だけの秘密のような感じがして、男性のテンションが上がりそうです。

【9】「もう飲めない。酔っちゃったー」と上目遣いで甘える。
「楽しく酔っているのが伝わればそれでOK。カワイイと思わせられたらなお良し!」(20代女性)というように、十分楽しんだことを伝えれば男性も満足してくれそうです。それでもすすめてくる場合は、上目遣いで甘えるようにアピールすれば、無理に飲ませようとはしないでしょう。

ほかにはどんな「合コンで無理にお酒をすすめられたときのカワイイ断り方」があると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 10/21 9:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます