広瀬アリス、2022年4月フジ月9「恋愛ドラマ」で「一糸まとわぬ姿」に…?お相手はSixTONES松村北斗!?

拡大画像を見る

 窪田正孝(33)が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系)に出演中の広瀬アリス(26)。

 その広瀬が都内で新ドラマの撮影を行なっていた、と10月19日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)が報じた。

 記事によると、広瀬が撮影していたのは2022年4月クールに放送予定の関西テレビ制作の恋愛ドラマで、共演者には若手ジャニーズなどがキャスティングされているという。

 菅田将暉(28)が主演を務める2022年1月クールの月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)は、約1年前にはクランクアップしているなど、最近はかなり余裕を持ったスケジュールで撮影するドラマが増えている。

 従来のスケジュールだと、メインキャストが新型コロナウイルスに感染してしまった場合、放送が間に合わなくなるため、テレビ各局は余裕を持って撮影するようになってきているという。

「ただ、広瀬の新作ドラマがこの時期の撮影になったのはそれだけが理由ではないそうです。今、業界内では彼女の評価がうなぎ上りで、来年までスケジュールが埋まっているといいます。

 しかし、フジテレビとしては是非とも広瀬に出演してほしい。そのため、彼女のスケジュールに合わせて前倒しで撮影になったと『週刊女性』では伝えています」(芸能記者)

■妹・広瀬すずの体当たり演技に広瀬アリスも発奮!?

 来年4月クールの広瀬の主演作はフジテレビ火曜21時枠で放送される恋愛ドラマになるという。芸能プロ関係者は話す。

「ヒロインを広瀬アリスさんが、相手役をSixTONESの松村北斗さん(26)が務めることになると聞こえてきています。恋愛、仕事、不倫、離婚、お金、親子関係などが入り混じりつつも、やはり恋愛が主軸にあるドラマになるようです。

 さらに、この作品で驚きなのは、アリスさんが大胆なキスシーンに加えて、“一糸まとわぬ姿”でのベッドシーンにも挑戦すると言われていることです」

『週刊女性』では、数年前まではNHK連続テレビ小説『なつぞら』でヒロインを務めた妹・広瀬すず(23)のほうが評価が高かったものの、ここにきて姉・アリスの評価が高まってきている、としている。

「すずさんといえば、そのビジュアルからアイドル的な女優というイメージも強かった。しかし、2016年公開の映画『怒り』では、米兵に暴行を受けるという体当たりの演技を披露。しかも、同作への出演はオーディションを勝ち抜いてつかみとったんです。以降、すずさんは演技派としても評価されるようになりました。

 アリスさんもその演技力が評価され、来年4月に主演を務めるわけですが、噂される一糸まとわぬ姿でのベッドシーンへの挑戦は、女優としてより幅を広げたいという思いもあるでしょうが、すずさんへの対抗意識、ライバル心から決意した、という可能性もあるかもしれませんね。

 複雑な想いを抱いた男女の恋愛模様が描かれ、その中で、アリスさんとSixTONESの松村さんが、情熱的に愛し合う、というシーンが見られるのでしょうか」(前同)

 来年4月クールの春ドラマでは、広瀬アリスとSixTONES松村の過激ベッドシーンが話題を席巻する!?

関連リンク

  • 10/21 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます