杏が「日本脱出&フランス移住」をブチギレ決意!“絶縁の元夫”東出昌大が犯した「15の醜行」!!

拡大画像を見る

 女優の杏(35)と俳優の東出昌大が離婚を発表してから1年2か月が経過した。離婚の原因となったのは、東出と女優・唐田えりか(24)の3年にもわたる不倫が発覚したこと。

 離婚を発表してからも、杏はドラマ、映画、そして3人の子どもの育児にと、多忙な日々を送ってきた。

 10月14日、フランス大使館で行なわれた「フランス映画祭2021 横浜」の記者会見に、杏がフェスティバル・ミューズとして登場。記者から「フランスに住みたいですか?」と問われると、「はい、そうですね」と笑顔で応じた。

 また、「私にとってパリ、フランスは青春そのもの」と語り、10代の頃からパリコレなどで活躍していた当時に思いを馳せた。

 杏は、以前からフランス移住を熱望しており、そのためにフランス語を勉強していることをテレビ番組で明かしている。

 10月20日付の『NEWSポストセブン』によると、杏のフランス移住は、ただの夢物語ではなく、かなり現実的な計画だという。

「5歳になった双子の娘2人は、父親の東出さんがどんな問題をしでかしたか、理解できるようになりつつあるといいます。再来年、小学校に入学すればクラスメイトに父親のことで何か言われてしまう可能性もある。それが、フランスであれば平穏無事な生活を送れるでしょう。

 また、離婚後の東出さんの言動にも、杏さんは怒りを抱いていて、どうやら“絶縁”を希望しているようですね」(女性誌ライター)

■養育費1万円提示からの「一方的振り込み」に杏は絶縁決意か

 離婚後も、杏は東出に対して「父親としての責任は果たしてほしい」と希望していたものの、東出から提示された養育費は「子ども1人につき月1万円」だったという報道もあった。

「金額が多ければいいというものでもないでしょうが、杏さんでなくても“あまりにも誠意がなさすぎる”と思ってしまいますし、自分の子どもへの想いはその程度なのか、とも感じられてしまいますよね。にもかかわらず、まだ金額の折り合いがついていない段階で、東出さんは一方的に3万円を振り込んできた、と『NEWSポストセブン』では伝えています」(前出の女性誌ライター)

 こうしたふるまいを受けて、これまでは月に1度は東出と子どもたちが会う機会を設けていた杏だが、今後はどうするかわからないという。

「父親の自覚も誠意も感じられない東出さんとは“絶縁したい”というのが、杏さんの本音なのではないでしょうか。交際中から結婚している期間、さらには離婚後まで、東出さんの“醜行”とも言える行ないは枚挙にいとまがありません。養育費1万円提示と一方的な振り込みもそうですよね。

 振り替えると、東出さんといえば、杏さんとの結婚中は“イクメンキャラ”で好感度も高く、だからこそ4本ものCM契約があったわけです。ところが、実際は子育てはほぼすることがなく、杏さんは結婚時から“シングルマザー状態”だったと報じられていました」(前同)

 不倫報道以前から、東出はまったく家事をせず、あまりにも亭主関白に振る舞うなど、その行動には目に余るものがあった、という報道もあった。

「そして、離婚の最大の原因、醜行の極みが唐田さんとの3年不倫です。杏さんは幼い頃、父・渡辺謙さん(61)の不倫で深く傷ついた過去もある。その杏さんに、最もしてはいけない行為だったのではないでしょうか。

 また、東出さんが不倫をしていた当時、杏さんは実の母親と個人事務所のお金を巡って“骨肉裁判”を行なっていた時期でもありました」(同)

■「杏さんと唐田さんのどちらが好き?」に言葉を濁し……

 東出は、かつて杏や家族と訪れたこともあるお好み焼き店に、唐田を連れて行ったことも明らかになっている。

「家族との思い出の店を、不倫相手との思い出で塗り替える行為だと思われても仕方がありません。過去の話ですが、東出さんが学生時代、当時の恋人とディズニーシーの『海底2万マイル』で“行為”に及んだという友人の証言もありましたよね。

 2018年4月には、東出と杏が3人の子どもを連れてディズニーランドにいたという目撃談もあり、東出さんはどのような思いで家族とディズニーに行ったのか……」(前出の女性誌ライター)

 唐田との不倫を最初に報じた2020年1月の『週刊文春』(文藝春秋)によると、東出は杏との交際中にも、2014年公開の映画『アオハライド』で共演した本田翼(29)を口説いたり、2015年のドラマ『問題のあるレストラン』(フジテレビ系)で共演した真木よう子(39)とも親密な関係にあったという。

 さらに、同年1月の『週刊女性』(主婦と生活社)では、東出は唐田以外にも、浮気が杏にバレたことが何度もあったとも報じている。

 不倫発覚後の行動にも信じがたいものがあった。2020年4月のサンケイスポーツが、同年2月、離婚が報じられて別居中だった東出が、杏の不在中に自宅に“入り込んだ”と報じた。杏は驚いて、激しい口論に発展。東出は自宅の鍵を杏に渡し、家を出ることになったという。

 また、2020年3月、謝罪会見を行なった東出に芸能リポーターが「杏さんと唐田さんのどちらが好きか?」と質問すると、東出は言葉を濁し、妻である「杏」と即答しなかった。これにより、さらなるバッシングを招いてしまった。

「そして、離婚後の養育費1万円と一方的な振り込みです。さらにここにきて、10月14日発売の『週刊文春』が東出さんと20代後半の一般女性Aさんとの熱愛を報じたわけです」(ワイドショー関係者)

■事務所も激怒! 東出昌大の新恋人“連れ込み報道”

 Aさんはアメリカ人の父親と日本人の母親を持つ滝沢カレン似の美女。東京・丸の内でOLをしているという。

「新恋人の存在は、独身ですからなんら問題はない。ただ、映画撮影中のロケ先のホテルに部外者のAさんを呼び出したというから驚きです」(前出のワイドショー関係者)

 10月上旬、東出は今後、製作が発表される映画撮影のために滞在していた広島呉市のホテルにAさんを呼び寄せ、3連泊させていたという。

「おさまってきたとはいえコロナも心配される状況で、仕事の“現場”に恋人を呼び寄せるというのは業界の常識から考えてもありえないこと。呼び寄せたホテルには作品のスタッフも宿泊していたわけですからね。東出さんの一連の行為に、所属事務所も相当怒っているようですが、杏さんも開いた口が塞がらないのではないでしょうか。この“連れ込み報道”で、まったく関係はないにもかかわらず、再び元妻の杏さんの名前も出てしまうというのもしんどいでしょうね」(前同)

 東出の新恋人のAさんは、かつてはライバー(=ライブ配信者)として活動しており、ネットではちょっとした有名人だった。

「そのAさんが東出さんとの交際をインスタグラムで“匂わせて“いたといいます。Aさんが匂わせをしていたという報道で、かつて東出さんとの不倫交際を匂わせていた唐田さんをどうしても連想してしまう。それで、杏さんがまた傷つく――ということもあったかもしれません。

 これだけ醜行が繰り返されれば、報じられたように杏さんが絶縁したくなる気持ちも理解できますよね。東出さんの報道が出るたびに、杏さんにも被害が及んでしまうような状況です。たしかに、海外に移住することは杏さんにとっても、子どもたちにとっても最良の選択肢なのかもしれませんね……」(同)

 離婚後もさらに溝が深まる杏と東出元夫婦の関係。もはや、かわいい子どもの親という立場であっても、いっさい交わることはなさそうだ……。

関連リンク

  • 10/21 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます