【JRA】エリザベス女王杯の外国馬出走はなし

拡大画像を見る

 11月14日に阪神競馬場で行われるエリザベス女王杯(3歳上・牝・GI・芝2200m)に予備登録があった以下の外国馬は、来日しないことがわかった。20日、JRAが発表した。

・サフロンビーチ(牝3、英・J.チャプルハイアム厩舎)
今年の英1000ギニー(G1)2着など通算7戦3勝。

・ティオーナ(牝3、英・R.ヴェリアン厩舎)
今年のヴェルメイユ賞(仏G1)覇者。通算成績は6戦3勝。

・サンダリングナイツ(牝4、愛・J.オブライエン厩舎)
今年のプリティポリーステークス(愛G1)1着など通算13戦4勝。

※戦績は予備登録馬発表時(9月30日)のもの。

(JRAのホームページより)

関連リンク

  • 10/20 17:15
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます