「恋です!」杉咲花&杉野遥亮が不意打ちハグ「身長差萌え」「最高にときめいた」と視聴者胸キュン

【モデルプレス=2021/10/20】女優の杉咲花が主演を務める日本テレビ系連続ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」(毎週水曜よる10時~)の第3話が20日、放送された。杉咲と俳優の杉野遥亮のハグに反響が寄せられている。<※ネタバレあり>

◆杉咲花主演「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」

本作は杉咲演じる勝ち気だけど恋には臆病な盲学校生・赤座ユキコと、杉野演じる喧嘩上等だけど根は純粋なヤンキー・黒川森生の2人が不器用ながら少しずつお互いのことを理解し惹かれあっていく、新世代ラブコメディー。

13日に放送された2話では、森生が弱視のユキコへの思いからとったある行動に反響が寄せられていた。

◆杉野遥亮、杉咲花をハグ

そんな森生は聴覚に頼ることが多いユキコにとって、背の高い自分の声が届きにくいことがストレスになると考える。そこで思いついたのは、ユキコにハイヒールを贈り、高低差を無くすこと。

手紙も書いて意気揚々とユキコの家に届けた森生だったが、行き違いにより、森生とユキコのことをよく思っていない姉・イズミ(奈緒)に届いてしまう。やがてそれが、森生からユキコへ宛てられたものだと気づいたイズミは怒りを露わに。

しかし、森生から贈られたその靴に合わせて楽しそうに洋服を選ぶユキコを見たイズミは、かつての姉妹の姿を重ねて涙。「あいつ(森生)と出会って何かが変わったと思う。でも私が強くなれたのはお姉ちゃんのお陰」と語るユキコを受けて、2人のことを認めたのだった。

靴に合わせて買った服を着て森生の働くレンタルショップに赴いたユキコだが、ハイヒールで点字ブロックの上を歩いたためバランスを崩してしまう。森生はユキコに咄嗟に駆け寄り支え、そのままハグ。「これ履く時はいつもいてくれるんでしょ?」と問いかけるユキコへ思いを募らせた森生は再び強く抱きしめるのだった。

◆ユキコ(杉咲花)&森生(杉野遥亮)の展開に反響

ようやくイズミにも認められ、どんどん距離を縮めていくユキコと森生。

そんな2人を受けて、視聴者からは「身長差ハグ最高」「この2人眼福」「身長差萌える」「ずっと幸せでいて」「こんな幸せなハグある?」「最高にときめいた」など数多くの声が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 10/20 23:30
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます