ダウンタウン松本人志「好きな曜日」発言でわかった「嫌な番組」と「深刻すぎるプレッシャー」

拡大画像を見る

 10月15日に放送された『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)にて、ダウンタウン・松本人志(58)が、収録前日に憂鬱になる番組、逆に楽な番組を実名で暴露し、話題となっている。

「“好きな曜日、嫌いな曜日は?”という話題担った際に、松本は曜日というよりも“番組で分けない?”と切り出し、“『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の前の日が比較的いちばん楽。なんかああ明日、『水曜日のダウンタウン』か~みたいな。どっちかというとまだハッピーかな“としたんです。

『水ダウ』は放送のウェイトの8割以上がVTRだし、MCも浜田雅功(58)なので、そういう意味では納得ですよね」(女性誌記者)

 しかし、フットボールアワー・後藤輝基(47)の「(木曜日放送の)『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)前は?」という質問には「めちゃくちゃイヤ」と間を開けずに即答。「1本目と2本目のボリューム感とか、ゲストの感じ観たらめちゃくちゃ嫌」としていたが、これには麒麟・川島明(42)が「まあそうか、気ぃ入りますよね」、後藤が「相方もそうやし、ゲストの人も」としたほか、全員が納得していた。

⬛松本「一番イヤなのは…」

「『ダウンタウンDX』は、多くのタレントをゲストに迎えて写真やエピソードを紹介しながら彼らの素顔を探る番組ですが、出演者がお笑い芸人だけはなく俳優やアイドル、本業は別分野のタレントなどもいますから、ダウンタウンがの2人が広げたりボケないとトークに収拾がつかず、番組が成立しない。後藤や川島ら、芸人が深く納得するのも当然です」(前同)

 さらに続けて松本は、日曜朝放送の情報番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)が「めちゃくちゃイヤ」としたうえで、

「一番イヤなのは日曜日の朝かな。日曜日の朝は、起きたときにネットニュースを見るのがめちゃくちゃイヤ」

 としたのだ。「こんな風に抜粋されてニュースになって! 若干俺悪者になってるやん!」「ギャラ上げてほしい!」と、松本は嘆いていた。

■今年の年末は楽しく過ごせそう

「さらに曜日以外では『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)の年末特番『絶対に笑ってはいけない』の前日が“もう本当にイヤ!”“前乗りとかすんねんけど、全員エグいで。早朝バス乗って、最初のロケに向かう間、10~15分くらいあんねんけど、誰も一言もしゃべらへん。『ドナドナ』が流れてる”としていました。

 肉体的にも精神的にもまるまる1日シバかれ続ける番組ですから、無理もないですよ。ちなみに、12年放送の『絶対に笑ってはいけない熱血教師24時の』際は、松本は痔が再発し、月亭方正は“青あざができた”と話していました」(前出の女性誌記者)

 最終的にこの曜日トークは、「この番組(酒のツマミ)の前の日はそんなにイヤではない」「でも、MCがフットボールアワーのときはちょっとだけイヤ」とオチをつけて終了した。

「今年の『ガキ使』は『絶対に笑ってはいけない』を休止し、6時間生放送の新お笑い特番『絶対笑って年越したい!笑う大晦日』が放送されるので、そういう意味では、松本はかなり負担が減ったかもしれません。

 ただ、“日曜日の朝がイヤ”というのは、家庭を持つ身としては深刻ですよね。松本の場合はまだ小学生の娘もいるから、家族を過ごす休日をそんな思いで迎えたくはないでしょう。もちろん、それだけの影響力がある存在だ、という証明ではあるんですが……」(前同)

 松本人志にとっては、日曜日は憂鬱?

関連リンク

  • 10/20 20:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます